渋野日向子の来季米ツアー切符獲得には「3つの難題」が

公開日: 更新日:

 今年もコロナ次第か。渋野日向子(22)は今季の国内開幕戦「ダイキンオーキッドレディス」2日目に67で回り、通算6アンダーの5位タイに浮上。10アンダー首位タイの西郷真央(19)らを追う。

【写真】この記事の関連写真を見る(18枚)

 渋野は大会前、「2021年の目標は、“自分を知ること”です」と語っていた。しかし、最大目標は来季の米女子ツアー出場権を獲得すること。7月開幕予定の東京五輪代表の座より重きを置いている。

 19年全英女子オープン優勝で手にした米女子ツアーのシード権は、翌年の主戦場を国内ツアーに決めたことであっさり手放した。その後、米国で戦いたい気持ちが強くなり、昨年から欧米ツアーにスポット参戦。12月の全米女子オープンで優勝争いを演じたものの(4位)、未勝利で終了した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  6. 6

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

  7. 7

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  8. 8

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  9. 9

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  10. 10

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

もっと見る