サッカー日本代表が始動“和製ネイマール”三笘の攻撃に期待

公開日: 更新日:

 コロナ禍で活動を停止していた日本代表が今月25日に韓国戦を、26日と29日に五輪代表がアルゼンチンU―24戦を行う。

 1都3県の緊急事態宣言延長で中止の可能性もある中、開催された場合は「欧州組抜きのJリーガーだけで代表が編成される」ともっぱら。そこで「攻撃系の主力を張れる」選手として期待されているのが、川崎のMF三笘薫(23)である。

 筑波大卒のルーキーだった2020年シーズンは「先発したのがリーグ戦の3分の1以下の11試合」なのに13得点・12アシストの大活躍。今季も絶好調を維持している。

「元日本代表選手、元J監督が『三笘は<和製ネイマール>です。ブラジル代表ネイマールと同じ<反発ドリブル>を得意としているのが強み』と口をそろえる」とサッカー関係者がこう続ける。


「相手と相対した際、進みたい方向と逆の足に重心を移した瞬間、その足を軸足としてグッと踏ん張り、進みたい方向にスパッと抜けていくのが<反発ドリブル>なのですが、ネイマールも三笘も一連の動きを高い次元で素早くこなせ、相手は<分かっていても置いてけぼり>にされる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  6. 6

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

  7. 7

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  8. 8

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  9. 9

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  10. 10

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

もっと見る