遠藤航を欧州メディア絶賛の凄み 五輪代表OA枠に太鼓判

公開日: 更新日:

 欧州でプレーしている日本代表組の中で最も評価が高いのが、独ブンデスリーガ1部シュツットガルト所属の日本代表MF遠藤航(28)である。

 知名度ではスペインのMF久保建英(19)、英プレミアのMF南野拓実(26)の後塵を拝しているが、地元メディアから「彼は彗星のように世界レベルまで急成長。移籍金も2億円から10億円に急騰した」(ビルト紙)と絶賛されている。

 守備的MF(ボランチ)を主戦場とする遠藤のストロングポイントは「デュエル(1対1など球際の争い)の強さ」だ。ドイツでは「デュエルモンスター」というニックネームで呼ばれている。

 身長177センチ、体重76キロ。屈強な外国人選手と比べると体格的に見劣りするが、体幹の強さ、読みの鋭さ、判断の速さ、ポジショニングの妙で相手攻撃系選手からボールを奪い、そこから攻撃の起点として機能してきた。さらに「ゴールとアシストに関与するプレー」が増え、これが評価急上昇につながった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  4. 4

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  5. 5

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  6. 6

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  9. 9

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  10. 10

    特捜9vs捜査一課長 “お決まり”でも高視聴率の2作品を解剖

もっと見る