紀平が得た教訓 北京メダル獲得の“敵”は親露派レフェリー

公開日: 更新日:

 終わってみれば、ロシア勢が表彰台を独占した。

 フィギュアスケートの世界選手権(ストックホルム)は日本時間27日、女子フリーを行い、ショートプログラム(SP)1位のアンナ・シェルバコワ(16=ロシア)が152・17点をマークし、合計233・17点で初優勝。エリザベータ・トゥクタミシェワ(24)が同220・46点で続き、3位に同217・20点でアレクサンドラ・トルソワ(16)が入った。SP2位からの逆転を狙った紀平梨花(18)は序盤のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)で転倒、終盤の3回転ルッツも回転不足と取られ、同205・70点で7位に終わった。坂本花織(20)は同207・80点で6位、宮原知子(23)は同172・30点で19位だった。

■ジャッジをいぶかしむ欧米メディア

 これには欧米メディアの間では「不可解だ」とジャッジをいぶかしむ報道が相次いだ。米放送局NBCのフィリップ・ハーシュ記者は「まさに冗談としか思えない。リカ(紀平)がシェルバコワよりも下なんて、どんな説明がつくというのか」と批判。同記者によれば、9人のレフェリーのうち、多くがロシアか旧ソ連出身者で、シェルバコワに有利な判定が下された可能性もあるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  2. 2

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  3. 3

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  4. 4

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  5. 5

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  8. 8

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  9. 9

    ファイザー供給減に自治体大混乱 接種加速から急ブレーキ

  10. 10

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

もっと見る