羽生と決別か…オーサー氏が中国人選手の指導に熱心な理由

公開日: 更新日:

 蜜月だった2人に亀裂が生じたか。

 フィギュアスケート男子シングルの羽生結弦(26)が、ブライアン・オーサーコーチ(59=カナダ)との師弟関係を解消しかねないというのだ。

 カナダの「フィギュアスケート・マガジン」(電子版)は25日(日本時間26日)、オーサー氏のインタビュー記事を掲載。コロナ禍で何かと不自由を強いられる教え子たちへの指導法について明かしている。カナダ政府による入国制限措置のため、指導拠点である「クリケット・クラブ」(トロント)で練習を続けているのは主に自国の選手のみで、クラブの練習用リンクには選手の細かい動きまで確認できるよう大画面を設置。欧州やアジアの教え子にはスマートフォンの通話アプリを使用して気付いたことをアドバイスしているという。

 海外選手の指導は他のコーチと分担しているそうだが、中でもオーサー氏が熱を入れているのが中国人スケーターだ。トロントと北京の時差は13時間。練習開始時刻は早朝か深夜になり、不規則な生活を強いられながらも指導を欠かさない。時には中国人選手に宿題を与え、送られてきた動画でスケーティングをチェックすることもある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  2. 2

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  3. 3

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  4. 4

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  5. 5

    93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

  6. 6

    藤井2冠が高校を自主退学…「中卒」だと人生詰みは本当か

  7. 7

    ワクチン高齢者向け「6月末まで」は眉唾 河野発言根拠なし

  8. 8

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  9. 9

    鳩山元首相を広告塔に…医療ベンチャーの怪しいビジネス

  10. 10

    通行者や近隣住民のクレームは決して甘く診てはいけない

もっと見る