紀平梨花が挑む難敵ロシア勢の最大目標はポスト・ザキトワ

公開日: 更新日:

 フィギュアスケートの世界選手権(スウェーデン・ストックホルム)が、24日に女子ショートプログラムで開幕する。今大会は来年2月開幕の北京冬季五輪の国・地域別の出場枠がかかる。日本、ロシアとも順当なら3枠を確保するのは確実。代表入りが有力視される紀平梨花(18)にとってはロシア勢がライバルとなる。

 このロシア勢は揃って金メダル取りを義務付けられるものの、各選手の最大の目標は「ポスト・ザギトワ」だ。2018年の平昌五輪で世界を魅了する演技で金メダルを獲得したアリーナ・ザギトワ(18)は大会後には一躍、時の人となり、日本をはじめとする世界各国のイベント出演に引っ張りだこ。日本の団体からは、かねて要望していた秋田犬を贈られた。ロシアメディアによれば、政府から報奨金約700万円に高級外車を支給された他、CM出演などで少なく見積もっても1億円は稼いだという。

 ロシアは組織的ドーピングで資格停止となり、北京大会は個人資格での出場となる。表彰台に上がれば、プーチン大統領から特別手当が支給されるともっぱらだ。

 紀平のライバルであるロシア勢はメダル獲得によるセカンドキャリア形成が最大のモチベーションとなる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口香理事が米紙に語った“正論”の説得力 五輪村は真っ青

  2. 2

    秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも

  3. 3

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  4. 4

    不倫疑惑の熊田曜子vsDV夫 週刊誌上“代理暴露合戦”の行方

  5. 5

    カトパン夫は出水麻衣の元彼…女子アナの“半径5m”恋愛事情

  6. 6

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  7. 7

    離婚決意の熊田曜子「DV疑惑」と「不倫疑惑」どっちが悪い

  8. 8

    社長とW不倫 静岡放送女子アナがカルチャーセンターに異動

  9. 9

    小室圭さんが享受する”特権待遇”は眞子さまとの結婚後も

  10. 10

    小池知事ドヤ顔「8時だョ!」ドリフこじつけ発言で大炎上

もっと見る