紀平梨花SP2位 V候補のロシア女王相手に逆転劇マストは?

公開日: 更新日:

 フィギュアスケートの世界選手権(ストックホルム)が24日、女子ショートプログラムで開幕。紀平梨花(18)が79・08点で2位につけた。81・00点で首位のアンナ・シェルバコワ(16=ロシア)とは1・92点差で、27日に行われるフリーでの逆転を目指す。

 紀平は冒頭のトリプルアクセル(3回転半)などのジャンプで得点を伸ばせなかったものの、スピン、ステップは最高難度のレベル4。後半の3回転ルッツに成功し「フリーでは4回転を入れられるぐらいの位置には立てた」と納得の表情を見せたが、ロシア女王との決定的な差が露呈した。

 ロシア選手権3連覇中のシェルバコワは出場選手で唯一、演技構成点(PCS)の5項目全てに最高の9点台をマーク。質の高いスケーティング技術に加え、主に表現力が評価されるPCSで高得点を得て、8点台にとどまった紀平を寄せ付けなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ココイチのバイトテロ「バカ投稿」代償はとてつもなく高い

  2. 2

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

  3. 3

    「林死刑囚は無罪」元大阪高裁判事が再審を請求したワケ

  4. 4

    元AKBが独学で開業した繁盛ラーメン店の「味の秘密」<1>

  5. 5

    朝乃山に永谷園NG!CM契約解除は序の口、今後は針のムシロ

  6. 6

    パソナ1000%の衝撃!コロナと五輪でボロ儲けのカラクリ

  7. 7

    田中みな実"チェーン店NG"に大倉忠義が放った父想いの一言

  8. 8

    31歳差で3度目…山寺宏一なぜアラサーとばかり結婚する?

  9. 9

    また五輪“特権扱い” サーフィン会場でドンチャン騒ぎ容認

  10. 10

    G7の菅首相を見て思う…せめて英会話を大臣の最低条件に

もっと見る