U-24アルゼンチンに完勝も…釜本氏が指摘する久保の“弱点”

公開日: 更新日:

 東京五輪に出場するU-24(24歳以下)日本代表が29日、U-24アルゼンチン代表とテストマッチを行い、3-0で勝利を収めた。

 五輪の南米予選1位通過の優勝候補を相手に26日は、0-1のスコア以上の実力差を見せ付けられたが、この日は攻守の連係がスムーズに取れた分、前線から最終ラインまでプレッシングも効果的にかかり、アルゼンチンに付け入るスキを与えなかった。前半終了間際に鳥栖FW林(23)がGKとの1対1を冷静に制して先制弾。後半23分、同28分にはCKからフローニンゲンCB板倉(24)が強烈ヘディングシュート2連発。第1戦の雪辱を果たした。

「第1戦は出場停止だったボランチのMF田中碧(22=川崎)の存在が大きかった。試合前に本人が<2列目は前を向けば得点のにおいがする。いかに(効果的な)パスを出せるか>と話していた通りのプレーで日本の攻撃を活性化させた」(元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  2. 2

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  3. 3

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  4. 4

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  5. 5

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  6. 6

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  7. 7

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  8. 8

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  9. 9

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

  10. 10

    ファイザー供給減に自治体大混乱 接種加速から急ブレーキ

もっと見る