“歴代最弱”韓国と世界190位モンゴルがFW大迫を復権させる

公開日: 更新日:

 サッカー日本代表は30日、カタールW杯アジア2次予選でモンゴル代表と千葉で対戦する(19時30分キックオフ)。FIFAの世界ランクは日本の27位に対してモンゴルは190位。全210の中の<ケツから数えて21番目の弱小国>だ。

 日本はモンゴルから何ゴールを奪って完勝するか? が焦点となる。さらに「懸案事項のポスト大迫問題」と、あるサッカー関係者がこう言う。

「大迫は2014年ブラジル、18年ロシアとW杯連続出場。ロシアでのコロンビア戦でW杯唯一の得点を決めている。代表通算47試合・15得点。長らく日本代表の1トップを務めてきたが、所属先のブレーメンで点取り屋としてのパフォーマンスが明らかに低下傾向にある。しかし、25日の韓国戦では堅実なポストプレーに加え、ヒールパスなどトリッキーなプレーで存在感を示し、チーム内外で評価を高めた」

 もっとも「これまで見てきた歴代の韓国代表の中で最も弱かった」(元サッカーダイジェスト編集長・六川亨氏)ことを差し引かなければならず、たとえモンゴル戦でゴールを量産したとしても、大きなレベル差があることを割り引いて考えないといけない。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

  2. 2
    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

  3. 3
    羽生結弦氏が憧れた“皇帝”プルシェンコ氏「招集令状がきても逃げない」発言の波紋

    羽生結弦氏が憧れた“皇帝”プルシェンコ氏「招集令状がきても逃げない」発言の波紋

  4. 4
    「後継不在の安倍家」は断絶やむなし…衆院山口新区割りで“岸家維持”の舵切りか

    「後継不在の安倍家」は断絶やむなし…衆院山口新区割りで“岸家維持”の舵切りか

  5. 5
    旧統一教会が民放2社と弁護士3人提訴で“宣戦布告” 全国弁連は「脅し、焦りの裏返し」と指摘

    旧統一教会が民放2社と弁護士3人提訴で“宣戦布告” 全国弁連は「脅し、焦りの裏返し」と指摘

  1. 6
    アMVP争いはジャッジが有利 今季導入「大谷ルール」に反感ありと来日中のNBA記者が証言

    アMVP争いはジャッジが有利 今季導入「大谷ルール」に反感ありと来日中のNBA記者が証言

  2. 7
    「SMAPって何か悪い事した?」歌番組での過去映像“完全スルー”にファンから落胆の声

    「SMAPって何か悪い事した?」歌番組での過去映像“完全スルー”にファンから落胆の声

  3. 8
    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

  4. 9
    内部資料で発覚 旧統一教会が高額献金者を「高度危険者」と呼んでいた卑劣な理由

    内部資料で発覚 旧統一教会が高額献金者を「高度危険者」と呼んでいた卑劣な理由

  5. 10
    三浦瑠麗氏「はしたない」の大ブーメラン!シースルー喪服で国葬参列に《どちらが?》の声

    三浦瑠麗氏「はしたない」の大ブーメラン!シースルー喪服で国葬参列に《どちらが?》の声