松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

有原航平よ、4万人の荒くれに囲まれてもチビるなよ

公開日: 更新日:

 メジャーリーグのテキサス・レンジャーズが先週、観客の入場制限を取っ払った。共和党の州知事がマスク着用義務を撤廃して経済活動を優先すると宣言したので、右に倣って、いきなり4万人の観衆が押し寄せたそうだ。

 オイオイ大丈夫かよ、4万人だぜ4万人!

「どうだ、これがアメリカだ。自分の命は自分で守るんだ。ワッハッハ!」

 とマスクをかなぐり捨てて高笑いする太鼓腹で鼻の赤い西部の牧場主みてえな球団オーナーの姿を想像しちまう。ちょっと前までは客席にゃ客の写真のカキワリに混じって、よく見ると動いてるんで、あ~ホンモノの人間がいるんだなあ、と思ってたメジャーリーグの球場を、いきなり4万人、立錐の余地もない、ギッシリと生きた人間で埋めるって、そらまたどういう了見だい?

 おまえたちにゃ○か×しかないんか? 中間というもんがないんか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  2. 2

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  3. 3

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

  4. 4

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

  5. 5

    “ぼったくり男爵”バッハ氏来日で組織委警戒の帰れコール!

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    危機あおる小池都知事 “五輪返上”ブチ上げ国政進出画策か

  8. 8

    川口春奈「着飾る恋」8年前の“汚名返上”に関係者ヒヤヒヤ

  9. 9

    世界が「五輪中止せよ!」の大合唱 菅政権ゴリ押しの異様

  10. 10

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

もっと見る