ロッテ佐々木千隼はリリーフに活路 “次点”から逆襲始まる

公開日: 更新日:

 2年ぶりの白星の味は格別に違いない。

 18日、ロッテ佐々木千隼(26)が今季初勝利を挙げた。1点ビハインドの八回に登板して3者凡退。九回に味方が逆転し、2019年以来となる勝ち星を手にした。

 16年ドラフト1位で入団。当時は創価大の田中正義(現ソフトバンク)に人気が集中し、ロッテをはじめ5球団が競合。佐々木はまさかの1巡目の指名ゼロだった。それでも“次点”として注目され、5球団がこぞって外れ1位指名した。

 先発としてはケガなどもあって伸び悩み、昨季から中継ぎに転向。今季は主に敗戦処理や大差のリード場面での登板が多いが、4試合で防御率1.13。このまま信頼を積み重ねれば、勝ちパターンへの「昇格」もあるだろう。

 同期の田中正義はケガが多く、これまで一軍登板はわずか11試合。16日の二軍戦で左足を負傷と災難が続いている。

 いまや「ロッテの佐々木」といえばMAX163キロ右腕の佐々木朗希と、こちらも“次点”。リリーフに居場所を見つけた千隼の逆襲が始まった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  2. 2

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  3. 3

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  4. 4

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  5. 5

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  6. 6

    静岡放送社長とW不倫疑惑 “看板女子アナ”のお騒がせぶり

  7. 7

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  8. 8

    ピーチ“マスク拒否男” 直撃取材の1週間後に飲食店で大暴れ

  9. 9

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  10. 10

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

もっと見る