原監督怒りバッテリーC戦々恐々…巨人“元職”が対処法指南

公開日: 更新日:

 巨人阪神との3連戦を2勝1敗と勝ち越した。ただ、20日の初戦で、3番・マルテ、4番・大山に各2発、5番・サンズに1本とクリーンアップに計5本塁打を浴びた際に原辰徳監督(62)は「初戦にクリーンアップに4本も5本も打たれているようじゃ、それはいけない。バッテリーコーチは何をしてんだということ」と厳しい口調で指摘した。

 名指しされた相川亮二バッテリーコーチ(44)は戦々恐々だろう。勝ち越したとはいえ、この3連戦で8本もの一発を許した。過去には配置転換もあったから当然だ。

 こういう時、一体どうすればいいのか。第2次原政権の2012年から4年間、一軍バッテリーコーチを務めた秦真司氏がこう言う。

「ミーティングで確認した通りの攻めで打たれたのか、そうじゃない攻めでやられたのか、という違いがあります。ミーティング通りなら、対策を立て直さないといけません。僕がコーチの頃の正捕手は小林で、ミーティングとは違う攻め方で打たれたケースがありました。自分なりに思うところがあったと言うのですが、原監督にそれを言ってはいけません。たとえそうだとしても、徹底させられなかったのはバッテリーコーチの責任。翌日は捕手と対策を練り直した上で原監督に『走者がいない時は徹底してインコースを攻めて意識させます。ソロホームランならOKですよね?』などと攻め方を確認し、コミュニケーションを取ることですね。『バッテリーコーチ』と言っていますが、実際は捕手・大城に注文を出しているのです。だから、怒りが飛び火しないよう、選手を守ることもバッテリーコーチの役目。それにしても、マルテにやられ過ぎなのが気になります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    さぁ、困った! 即戦力のドラフト1位候補を評価できない

  6. 6

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  9. 9

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る