巨人の助っ人補強失敗をお抱え外国人の“金太郎あめ”が救う

公開日: 更新日:

 巨人2年目のゼラス・ウィーラー内野手(34)が打ちまくっている。

 27日のヤクルト戦で負傷退場した新外国人のエリック・テームズ外野手(34)に代わって途中出場すると、同点の九回に決勝2号ソロを放つなど、4打数4安打3打点。28日の同戦は3打席連続二塁打で、前日から7打席連続安打をマークした。原監督は「なかなかありそうでない。見事」とホクホク顔である。

 テームズは一軍デビューとなった27日のヤクルト戦で左翼に入ったものの、三回の守備時にジャンプをして着地した際に右アキレス腱を断裂。近日中に米国へ帰国し、手術を受けることが決まった。今季中の復帰は絶望的だ。二軍戦では2打席連続アーチを放つなど、9試合で打率5割、4本塁打と格の違いを見せていた。原監督待望の大砲は単年契約の年俸120万ドル(約1億2600万円)。わずか1時間ほどの出場で大金をドブに捨てることになるのだから、責任問題に発展しても不思議ではない。原監督は昨オフ、「オーナーからその部分(補強)に関しては非常に信頼していただいている」と胸を張っていたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口香理事が米紙に語った“正論”の説得力 五輪村は真っ青

  2. 2

    秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも

  3. 3

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  4. 4

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  5. 5

    不倫疑惑の熊田曜子vsDV夫 週刊誌上“代理暴露合戦”の行方

  6. 6

    カトパン夫は出水麻衣の元彼…女子アナの“半径5m”恋愛事情

  7. 7

    社長とW不倫 静岡放送女子アナがカルチャーセンターに異動

  8. 8

    離婚決意の熊田曜子「DV疑惑」と「不倫疑惑」どっちが悪い

  9. 9

    朝乃山の“ダメ師匠”元大関朝潮 自身も飲み歩き「退職」

  10. 10

    西島秀俊がキムタクを超え!シェフを演じさせたらピカイチ

もっと見る