西村徳文
著者のコラム一覧
西村徳文野球解説者

1960年1月9日、宮崎県生まれ。右投げ両打ち。福島高(宮崎)、国鉄鹿児島鉄道管理局を経て、81年ドラフト5位でロッテ入団。プロ通算16年で首位打者1回、盗塁王4回。二塁と外野でそれぞれベストナイン、ゴールデングラブ賞を受賞。97年現役引退後、ロッテでヘッドコーチなどを歴任し2010年監督就任。1年目にリーグ3位から日本一を達成した。16年からオリックスでヘッドコーチ、19年から監督を務め、昨季限りで退団。

伝説の“10.19”有藤監督が9分間猛抗議したワンプレーの真相

公開日: 更新日:

「何やってんだ! 早くしろ!」

 ブルーのグラウンドコートを着て猛抗議する有藤通世監督に対し、スタンドのみならず、近鉄ベンチからも強烈なヤジが飛んできた。

 1988年10月19日、近鉄とのダブルヘッダー第2戦。4対4で迎えた九回裏、無死一、二塁の場面で、近鉄の左腕・阿波野秀幸が二塁へ牽制した。送球が少し高くなり、二塁手の大石大二郎さんがジャンプして捕球。帰塁した二走の古川慎一の足が二塁べースから離れたことで、すかさず大石さんがタッチし、アウトと判定された。

 古川は「押された」とジェスチャーで訴え、走塁妨害を主張した。その瞬間、有藤さんがベンチを飛び出し、二塁塁審に詰め寄った。

 ベースを指さし、身ぶり手ぶりを交えて猛抗議。試合は、抗議が始まった時点で3時間半を経過していた。この試合は、開始から4時間以上経過すれば新たな延長イニングに入らないという決まりがあった。近鉄ベンチのヤジから、いち早く抗議を終わらせてほしいという怒りが伝わってきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

  10. 10

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

もっと見る