虎首位快走の裏に金本ドラフト! 大山“生え抜き4番”で覚醒

公開日: 更新日:

 いよいよ本格化しつつある。

 29日の中日戦、阪神大山悠輔(26)が3ランを含む3安打4打点の活躍で助っ人左腕・チェンの今季初登板初勝利を援護した。

 昨季、28本塁打を放ち、今季も不動の4番として5本塁打をマーク。掛布以来となる生え抜き4番としての地位を固めている大山は、2016年ドラフトで単独1位指名された。

 球団内には当時、創価大の田中正義(現ソフトバンク)や桜美林大の佐々木千隼(現ロッテ)を推す声もあったが、当時の金本監督が「とにかく勝負強い、本塁打をたくさん打てる大砲が(阪神から)出ていない。タイガースの歴史に名を残す4番を目指してほしい」と、獲得をプッシュした。他球団関係者からは「大山なら2位でも取れた」と笑われたものの、今となっては英断だった。

 近年の阪神は大山を筆頭に、金本監督が関わった15~17年のドラフト指名選手が一軍で活躍を見せている。青柳(15年5位)、糸原(16年5位)が主力としてチームを牽引し、ベンチには馬場(17年1位)や小野(16年2位)、熊谷(17年3位)、坂本(15年2位)らが控えている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小室圭さん不信を生んだ「婚約内定」発覚翌日の不可解行動

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    巨人あるか今季2度目の“粛清人事”…阪神に惨敗で3位に転落

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    巨人66億円FA組と新助っ人総崩れ…原監督が引導渡される日

  8. 8

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  9. 9

    熊田曜子の離婚は成立するのか?DVに詳しい弁護士に聞いた

  10. 10

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

もっと見る