山口すず夏
著者のコラム一覧
山口すず夏プロゴルファー

2000年8月2日生まれ、神奈川県相模原市出身。160センチ、A型。7歳からゴルフを始め、15年「全米女子オープン」日本地区予選会2位。日本人史上最年少14歳でメジャー出場。18年「豪州女子アマ」で日本人初優勝。同年米女子ツアー最終QT36位資格で出場権を獲得。18歳でプロ転向。米ルーキーイヤーの昨季は賞金ランク150位。2年目の今季は初優勝を目指す。得意クラブはパター。環境ステーション所属。

日々の練習はいつも58度ウエッジの片手打ちから始める

公開日: 更新日:

 前回リポートし、皆さんにご心配をおかけした右手首、左足ふくらはぎのケガもすっかりよくなりました。父ヒロユキがいないので、今はオーランドで一人で生活しています。地元の大学に通う仲のいい留学生もいて、全然寂しくありません。

 といっても、ホームコースのオレンジツリーGCで、昼から5時ごろまで練習の毎日です。

 練習は58度ウエッジの片手打ちから始めます。

 中学生の時にトミーアカデミーの合宿で、「片手でうまく打てないと、両手でもダメ」と中嶋常幸プロから教わりました。片手のほうがフェース面の動きをより感じやすく、ウオーミングアップを兼ねたルーティンに取り入れています。

 距離は10~20ヤードですが、左手だけで10球、そして右手で10球。左手で打つ時は右骨盤の動きを意識しています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  2. 2

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  3. 3

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  4. 4

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  5. 5

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  6. 6

    植山直人氏「政府は命をなんだと思っているのでしょうか」

  7. 7

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

  8. 8

    下戸の野口修が山口洋子の「姫」に足しげく通った理由

  9. 9

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  10. 10

    映画「宮本から君へ」裁判で全面勝訴! 忖度なき映画プロデューサーの“アンチ魂”

もっと見る