朝乃山が“ポスト白鵬”に一縷の望み…勝負は無観客の3日間

公開日: 更新日:

「あわや」にも見えた勝ち方だった。

 9日に初日を迎えた大相撲5月場所で、結びの一番を務めたのが大関朝乃山(27)だ。

【写真】この記事の関連写真を見る(09枚)

 相手は押し相撲一本の大栄翔。立ち合いから回転の速い突っ張りで押し込まれ、あっという間に土俵際へ。しかし、体が伸び切った大栄翔の後ろに回り込むと、そのまま一気に送り出した。

 もっか、横綱白鵬が引退間際。「次の横綱候補は?」という問いかけに、照ノ富士以外の名前を挙げる者は角界でもほとんどいない。朝乃山ら3大関は、その他大勢扱いなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  2. 2

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  3. 3

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  4. 4

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  5. 5

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  6. 6

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  7. 7

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  8. 8

    白鵬「進退の意味わかった」に透ける引退先送りの悪あがき

  9. 9

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  10. 10

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

もっと見る