朝乃山あまりにひどい3連敗…取材拒否で精神面の脆さ露呈

公開日: 更新日:

「負け方があまりにぶざますぎる。投げられてばかりで、これでは優勝どころか勝ち越しも難しいのではないか」

 相撲評論家の中澤潔氏もため息をつくほど、ひどい負け方だった。

 2連敗中の大関朝乃山(26)は15日、先場所優勝した元大関の照ノ富士と対戦。互いに2敗の新旧大関、軍配は照ノ富士に上がった。

 朝乃山は低い姿勢で頭から突っ込み、前みつを狙うという立ち合い。照ノ富士が「右四つでくると思ってたので、びっくりした」と振り返ったように、意表を突くことには成功した。

 が、もろ差し気味で土俵際に追い詰めたかと思ったら、雑なすくい投げで墓穴。照ノ富士に難なくこらえられ、逆に上手投げで土俵に転がされた。冒頭の中澤氏が言う。

「師匠の高砂親方(元大関朝潮)が12月に定年ということで、『それまでに優勝を』と話していましたが……口ばかり威勢がよくても内容が伴わなければ意味がない。確かに朝乃山は立派な体格(187センチ、174キロ)で、右四つなら誰にも負けないという自信もある。誰よりも横綱に近い力士であることは間違いない。ただ、大関という地位について格好をつけているのか、ひたむきさ、ガムシャラさが見えない。せっかく両横綱がおらず、優勝のチャンスなのに、この体たらく。ひどいの一言です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  2. 2

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  3. 3

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  4. 4

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  5. 5

    瀬戸大也は「鋼のメンタル」ラブホ不倫で謝罪も“金”揺がず

  6. 6

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  7. 7

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  8. 8

    自民党総裁選 カッコ悪い大人たちにど汚いもの見せられた

  9. 9

    巨人菅野「最多勝」で有終の美も…唯一の心残りは“古女房”

  10. 10

    競泳・瀬戸大也に不倫認めスポンサー激震…夫婦でCM出演

もっと見る