時津風部屋が親の不始末で逃した大魚 兄弟揃って立浪部屋

公開日: 更新日:

 つくづく余計なことをしてくれた。

 28日に行われた大相撲新弟子検査で、2人の兄弟力士が注目を集めた。

 兄・坂本博一(18)、弟・正真(16)の父親は前時津風親方(元前頭時津海)。2人が入門先として選んだのは時津風部屋ではなく、一門も異なる立浪部屋なのだ。

 前時津風親方はコロナ禍にもかかわらず、ゴルフだ雀荘だと遊興三昧。一度処分を食らっただけでは飽き足らず、協会の外出禁止令も「我慢できないんですよ」と、どこ吹く風。そうしたもろもろが明るみに出て、今年2月に退職を余儀なくされた。

「当然、当初は時津風部屋に入門するのだろうと思われた。それが、ね。親の因果が子に報い……ではないにせよ、仮に時津風部屋に入門していたら、所属力士、兄弟双方にとってやりにくいことは間違いない。どうしたって先代の顔がちらつきますからね。時津風部屋にしてみれば、『逃した魚は大きい』はず。兄弟ともに中学校から寮生活を送り、ひたすら稽古に邁進。横綱大関とは言わないまでも、幕内、三役は確実視されている。ただ、気になるのが、なぜ立浪部屋なのか? ということ。一応、立浪親方(元小結旭豊)と前時津風親方は貴乃花のシンパだった点が共通しているが……」(ある親方)

 ダメ親父のことは忘れて、兄弟ともに出世を目指してほしいものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  2. 2

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  3. 3

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

  4. 4

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

  5. 5

    “ぼったくり男爵”バッハ氏来日で組織委警戒の帰れコール!

  6. 6

    危機あおる小池都知事 “五輪返上”ブチ上げ国政進出画策か

  7. 7

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  8. 8

    川口春奈「着飾る恋」8年前の“汚名返上”に関係者ヒヤヒヤ

  9. 9

    世界が「五輪中止せよ!」の大合唱 菅政権ゴリ押しの異様

  10. 10

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

もっと見る