広島森下「ヤクルトさまさま」で“2年目のジンクス”を払拭

公開日: 更新日:

 広島森下暢仁(23)がこの日も好投した。

「1球目の入りを大事にしていきたい」と臨んだ12日のヤクルト戦。敵地・神宮のマウンドで7回を3安打無失点、5奪三振に抑えた。

 打線の援護がなく勝ち星は付かなかったものの、防御率を1・84とし、中日柳裕也(1・72)に次ぐリーグ2位に躍り出た。

 森下にとってヤクルトはお得意さまだ。新人王を取った昨季は4試合で3勝負けなしの対戦防御率1・00。チーム別の防御率を見ても、巨人(2・08)、DeNA(2・61)、中日(1・52)、阪神(2・25)と、飛び抜けて相性が良い。今季も3試合の計23回で2失点。昨年からの通算防御率は0・90である。

 特に神宮では今季4月6日に完封勝利を挙げるなど、デビューから不敗神話を継続中。大学時代から慣れ親しんだマウンドで、明大でも通算42試合で15勝(12敗)、防御率2・42と結果を残した。

 ヤクルトというカモをつくった森下に「2年目のジンクス」を心配する必要はなさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小室圭さん不信を生んだ「婚約内定」発覚翌日の不可解行動

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    巨人あるか今季2度目の“粛清人事”…阪神に惨敗で3位に転落

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    巨人66億円FA組と新助っ人総崩れ…原監督が引導渡される日

  8. 8

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  9. 9

    熊田曜子の離婚は成立するのか?DVに詳しい弁護士に聞いた

  10. 10

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

もっと見る