阪神エース西は体たらくいつまで?先発陣ボロボロ投壊寸前

公開日: 更新日:

 エースが、このところパッとしない。

 11日、阪神西勇輝(30)が中日戦(甲子園)に先発。7回4失点で勝ち負けはつかなかった。登板前まで、甲子園では昨年9月から7連勝していた。今季も2勝0敗、防御率1・20の好成績だったが、4月20日の巨人戦で3勝目を挙げて以降、白星から遠ざかっている上に、最近4試合中3試合で4失点を喫するなど苦戦が続いている。

 昨季はコロナ禍で120試合に短縮された中、21試合に登板し、4完投を含む11勝(5敗)、防御率2.26をマーク。11勝(6敗)10完投で沢村賞を獲得した中日の大野雄大(148回3分の2)とほぼ同じ147回3分の2を投げるなど大活躍した。

 しかし今季はキャンプ中に腰を痛めたといわれ、終盤にはぜんそく検査のために緊急帰阪。調整遅れが懸念されていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  2. 2

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  3. 3

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  4. 4

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  5. 5

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  6. 6

    植山直人氏「政府は命をなんだと思っているのでしょうか」

  7. 7

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  8. 8

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

  9. 9

    映画「宮本から君へ」裁判で全面勝訴! 忖度なき映画プロデューサーの“アンチ魂”

  10. 10

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

もっと見る