五輪選手らを選手村と会場に“閉じ込める”政府案の浅はかさ

公開日: 更新日:

 第二次世界大戦の最中に厳しい監視の下で行われた、連合国軍兵士とドイツ選手とのサッカーの試合を描いた米映画「勝利への脱出」(ジョン・ヒューストン監督)ではあるまいし、常に行動を監視される五輪大会に誰が参加したいと思うのだろうか。

 加藤官房長官は14日の衆院内閣委で、東京五輪・パラリンピックの参加選手に対する行動管理に言及。「ルールに反した場合、大会参加資格を剥奪するなど厳しい措置を講じることで、アスリートや日本国民の皆さんをお守りする」と強調した。

 東京五輪の参加選手や関係者の行動管理をめぐっては、13日の参議院内閣委員会でも、丸川五輪相が新型コロナの感染予防策の実効性を高めることを目的として、選手村の食事会場などに監視員を置くことを明言。「息苦しい思いをすることになるかもしれないが、お互いのコンディションを守ることにつながる」と説明していたが、配置された監視員は「黙食」などと書かれた看板を掲げ、マスクを外しておしゃべりしながら食事をする選手らに対して笛でも吹いて注意を促すのだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小室圭さん不信を生んだ「婚約内定」発覚翌日の不可解行動

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    巨人あるか今季2度目の“粛清人事”…阪神に惨敗で3位に転落

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    巨人66億円FA組と新助っ人総崩れ…原監督が引導渡される日

  8. 8

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  9. 9

    熊田曜子の離婚は成立するのか?DVに詳しい弁護士に聞いた

  10. 10

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

もっと見る