五輪中止論拡大の裏で熾烈に 広告代理店“損得勘定”の内幕

公開日: 更新日:

東京五輪のスポンサー企業としては、やるのかやらないのか、ぎりぎり引っ張っても2カ月前までに絶対に決めてもらわないと困る」とは、ある広告代理店関係者。

「でなければ、キャンペーンCMの枠押さえや制作が間に合わなくなる。7月23日開幕でいくならば、リミットまで、あと2週間程度でしょう」と続けた。

 世論調査に国民の過半数が「中止」か「延期」と答える中、「安心安全の大会開催に全力」などと菅首相は強弁している。

 その裏では莫大な広告収入を確保すべく、是が非でも中止させない働きかけが電通からなされているさなかではないか、という。

「中止となった場合、何がしかの補填を協賛企業は電通に求めていくでしょう。差し替えのCMをタダ同然で作らされるという可能性も十分考えられる。そうした損失勘定も電通は当然しているはずです」(前出の代理店関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  2. 2

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  3. 3

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  4. 4

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  5. 5

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  6. 6

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  7. 7

    白鵬「進退の意味わかった」に透ける引退先送りの悪あがき

  8. 8

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  9. 9

    映画「宮本から君へ」裁判で全面勝訴! 忖度なき映画プロデューサーの“アンチ魂”

  10. 10

    白鵬窮地…照ノ富士と貴景勝に7月場所後横綱同時昇進の目

もっと見る