ロッテ佐々木の一軍初登板は5回4失点 露呈した数々の課題

公開日: 更新日:

 ほろ苦いデビュー戦となった。

 16日、ロッテ2年目の佐々木朗希(19)が西武戦で一軍初登板初先発。5回4失点で勝ち投手の権利を得た上で降板したが、後続の投手が打たれ、初勝利とはならなかった。

 最速163キロのストレートは平均150キロ台前半。二軍戦で5試合投げた時と同様、やや力をセーブしながら、持ち前の制球力で内外角へと投げ分けた。

 その一方で、テレビ解説をしていたロッテOBの里崎智也氏が「もうちょっと変化球でカウント取れれば、楽になってくると思う」と指摘していたように、特にフォークの制球に安定感を欠いた。

 佐々木はスライダー、フォーク、チェンジアップなど複数の変化球を持っているが、今季はスライダーとフォークのみに限定している。この日のフォークは、ストライクゾーンからボールゾーンへと鋭く落ちる球も中にはあったものの、高めに浮いたり引っかけたりするシーンが目立ち、これが失点の呼び水となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口香理事が米紙に語った“正論”の説得力 五輪村は真っ青

  2. 2

    秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも

  3. 3

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  4. 4

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  5. 5

    不倫疑惑の熊田曜子vsDV夫 週刊誌上“代理暴露合戦”の行方

  6. 6

    カトパン夫は出水麻衣の元彼…女子アナの“半径5m”恋愛事情

  7. 7

    社長とW不倫 静岡放送女子アナがカルチャーセンターに異動

  8. 8

    離婚決意の熊田曜子「DV疑惑」と「不倫疑惑」どっちが悪い

  9. 9

    朝乃山の“ダメ師匠”元大関朝潮 自身も飲み歩き「退職」

  10. 10

    西島秀俊がキムタクを超え!シェフを演じさせたらピカイチ

もっと見る