ロッテ佐々木朗希 160km捨て“腹八分目”投球がプラスのワケ

公開日: 更新日:

 16日の西武戦で一軍デビューする佐々木朗希(19)の最大の売りといえば、右腕から繰り出す剛速球。大船渡高(岩手)時代には163キロをマークしてスカウトの度肝を抜いたが、ここまで二軍戦での球速は150キロ台中盤だった。

 投げようと思えば160キロ超の速球を投げられるものの、佐々木の上半身はそこまでの球速に耐えられるほど鍛えられていない。したがって本人は肩肘に過剰な負荷がかからないよう、あえて6~8割程度の力の入れ具合で投げている。つまり160キロの剛速球は捨てざるを得ないのだが、これが本人にとってプラスに作用しているという指摘がある。

「制球ですよ」と、ロッテOBがこう続ける。

「佐々木は速球派の割にコントロールも悪くない。160キロを超す速球を投げていた高校時代も、ボールはそれほどとっ散らかってませんでしたから。けれども球速を150キロ台に抑えることで、これまで以上にコントロールが安定した。プロには8割の力で投げることすらできない投手がいる中で、球速を抑えて制球が安定したのは大きなプラス材料。打者を抑えるのに必ずしも160キロは必要ありませんから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小室圭さん不信を生んだ「婚約内定」発覚翌日の不可解行動

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    巨人あるか今季2度目の“粛清人事”…阪神に惨敗で3位に転落

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    巨人66億円FA組と新助っ人総崩れ…原監督が引導渡される日

  8. 8

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  9. 9

    熊田曜子の離婚は成立するのか?DVに詳しい弁護士に聞いた

  10. 10

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

もっと見る