大谷は俊足と積極性がアダ…エ軍指揮官は走塁ミスに苦言

公開日: 更新日:

 積極的な走塁が、かえってチームの足を引っ張りかねない。打撃好調なエンゼルス・大谷翔平(26)のことだ。

 日本時間17日のレッドソックス戦では逆転の12号2ランを放ち、ブレーブス・アクーニャJr、ヤンキース・ジャッジらとともにメジャートップタイに立った。

 メジャーを代表するパワーヒッターにも匹敵する長打力をアピールしている一方で、走塁にケチがついている。

 同16日には一回無死一塁から左前打を放ちながら、一塁走者ウォードが二塁上にとどまっていることに気付かず、二塁進塁を狙って塁間に挟まれタッチアウト。後続が倒れて先制機を逃した。

 ボーンヘッドとも言える大谷の走塁には、さすがにジョー・マドン監督もおかんむり。日頃は大谷のワークホースぶりに賛辞を惜しまない指揮官も「無理をし過ぎた。自動車事故みたいなものだが、(追突事故は)背後の車に責任があるものだ」と、珍しく苦言を呈した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  2. 2

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  3. 3

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  4. 4

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  5. 5

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  6. 6

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  7. 7

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  8. 8

    白鵬「進退の意味わかった」に透ける引退先送りの悪あがき

  9. 9

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  10. 10

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

もっと見る