巨人がオリ宮城ノーノーを辛うじて回避も…原監督は地団駄

公開日: 更新日:

 屈辱的記録を免れるのがやっとだった。

■七回にノーノー免れるのがやっと

 9日、オリックス先発の宮城大弥(19)にノーヒットに抑えられていた七回2死。大記録の期待が高まる中、4番・岡本和が142キロの内角直球を左翼スタンドに運び、一矢を報いた。それでも、高卒2年目左腕に巨人打線は7回1安打。13三振を奪われる完敗に原監督は「なかなかチャンスらしいチャンスがなかった。ずっと劣勢の状態だった」と白旗である。

 沖縄・興南高出身の宮城は、2019年ドラフトでオリックスから「外れ外れ1位」で指名された。一方の巨人はこの年、奥川(星稜→ヤクルト)、宮川(東芝→西武)を抽選で外し、外れ外れ1位で右肘に故障の疑いがあった堀田(青森山田)を単独で指名。さる球界関係者がこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

  2. 2

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  3. 3

    下戸の野口修が山口洋子の「姫」に足しげく通った理由

  4. 4

    植山直人氏「政府は命をなんだと思っているのでしょうか」

  5. 5

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  6. 6

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  7. 7

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  8. 8

    ワクチン副反応で新たな混乱“アセトアミノフェン薬”が品薄

  9. 9

    「孤独のグルメ」超人気を支える主演・松重豊の人柄と気合

  10. 10

    キムタク海外ドラマ進出も喜べない裏事情 よぎる山Pの失敗

もっと見る