広島から12球団最多の侍入り それでも交流戦最下位のナゼ

公開日: 更新日:

 12球団最多の5人が五輪日本代表に選ばれたのが広島だ。

 野手は4番候補の鈴木誠也、首位打者(打率・308)を争う菊池、西武戦で負傷したものの扇の要で代表経験豊富な会沢の3人。投手は2年目の森下に、ルーキーでただひとり選ばれた栗林の2人。先発、抑え、内野手、外野手、捕手と、各ポジションから代表を輩出した。まんべんなく球界トップクラスの選手を抱えているにもかかわらず、しかし、それがチームの成績に結び付かない。

 16日に終了した交流戦は、たった3勝(12敗3分け)しかできず、12球団中最下位。リーグ戦も最下位に低迷している。

「少しでも格好いいプレーをして、(野球を)やりたいなと思ってくれる子がひとりでも増えてくれればいいと思う」(鈴木)

「与えられたポジションで力を発揮して、金メダルに貢献できるようにやっていきたい」(栗林)

 代表に選ばれた選手たちは五輪に向けた抱負を口にしたが、球界の将来を憂い、五輪では金メダルを取ると意欲満々の連中がいながら勝てないとは……。あるいは佐々岡監督のハンドリングに問題があるのかどうか――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  3. 3

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  6. 6

    五輪スタッフ、メディア関係者に「インチキ陰性判定」乱発か?検査スリ抜けこんなに簡単

  7. 7

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  8. 8

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  9. 9

    コカ・コーラ社以外は持ち込むな!五輪サッカー観戦で鹿嶋市の小中学生に要望したのは誰だ?

  10. 10

    アヤパンの“MC力”でテレ朝「サタデーステーション」上昇気流に!視聴率で「報ステ」抜く

もっと見る