ロッテ連日トレード 捕手&リリーバー獲得の裏に佐々木朗希

公開日: 更新日:

 ロッテが異例の2日連続トレードを発表した。

■“加藤トレード”の次は“ユウキトレード”

 加藤翔平外野手(30)を放出し、中日から加藤匠馬捕手(29)を獲得。ロッテは前日にも有吉優樹投手(30)を放出し、DeNAから国吉佑樹投手(29)を引き入れたばかりで、「ユウキ」の交換に続いて、今度は同姓のトレードをまとめた。

 パ・リーグ球団の編成担当は今回のロッテの積極補強をこうみている。

「ロッテのフロントの念頭には、いずれも佐々木朗希の存在もあるのではないか。ここまでの一軍登板3試合、特に5月16日のデビュー戦から2試合でコンビを組んだ捕手の佐藤都志也との間でバッテリーミスが散見されたでしょ。パスボールあり、ワイルドピッチありと息が合わず、初登板の西武戦では5盗塁も許した。3試合目は柿沼友哉がマスクをかぶりましたが、佐々木朗はクイックに課題が残る。正捕手の田村龍弘が故障で離脱する中、佐々木朗が投球に集中できる相棒が必要だった。その点、中日から獲得した加藤匠馬はキャッチングにレベルアップの余地を残すものの、肩はソフトバンクの甲斐に勝るとも劣らない。甲斐キャノンの向こうを張って、加藤バスーカと言われる強肩の持ち主ですから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  3. 3

    上田晋也がコロナ感染…五輪キャスター+レギュラー7本の日テレに大激震!

  4. 4

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  5. 5

    メダルラッシュでも広告入らず…東京五輪スポンサー大手紙の誤算

  6. 6

    有村架純と大相撲・明生関に交際情報 所属事務所が“強烈かち上げ”激怒の全否定

  7. 7

    A.B.C-Zの河合郁人が“MC力”で頭角 ジャニーズ五輪キャスター勢の新星に

  8. 8

    「やっぱり離婚」で気になる市村正親の体力と篠原涼子の女優の価値

  9. 9

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

  10. 10

    有村架純は岡本圭人との復縁説をスルー…交際報道の“もう一人の当事者”明生は沈黙

もっと見る