佐藤輝は東京五輪回避でシーズン専念 悲願Vに首脳陣安堵

公開日: 更新日:

 心置きなく、シーズンに専念できそうだ。9日、5月度の月間MVPに選ばれた阪神佐藤輝明(近大)のことだ。

 5月は28日の西武戦で3本塁打を放つなど、打率・301、6本塁打、19打点をマーク。セの新人野手としては2003年村田(横浜)以来の受賞となった怪物は、5月の勢いそのまま、この日の日本ハム戦でも2安打2打点の活躍を見せた。

 佐藤輝を巡っては、今夏に予定されている東京五輪の日本代表メンバー入りも期待されたが、24人とベンチ入り人数が少ないこともあり、選外になったとみられている。

 阪神からは投手の青柳と岩崎の代表入りが有力視されているものの、チーム周辺では、「五輪野球は今回限りで再び、正式種目から外れる。一生に一度の経験になったかもしれないが、首脳陣からすれば、特に佐藤は、選ばれないほうがいい」という声も少なくない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池知事ドリフ固執 そして都庁は「8時だョ!全員残業中」

  2. 2

    小池都知事イライラMAX!報道に「PV中止」抜かれブチ切れ

  3. 3

    ワクチン副反応で新たな混乱“アセトアミノフェン薬”が品薄

  4. 4

    菅首相G7サミットでポツンとひとり…際立った薄すぎる存在

  5. 5

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも

  8. 8

    巨人「出戻り山口俊」補強は原監督の悪手…OBから苦言続々

  9. 9

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  10. 10

    佐藤健の相手に満島ひかりが浮上も「結婚を考えられない」

もっと見る