六川亨
著者のコラム一覧
六川亨サッカージャーナリスト

1957年、東京都板橋区出まれ。法政大卒。月刊サッカーダイジェストの記者を振り出しに隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長を歴任。01年にサカダイを離れ、CALCIO2002の編集長を兼務しながら浦和レッズマガジンなど数誌を創刊。W杯、EURO、南米選手権、五輪などを精力的に取材。10年3月にフリーのサッカージャーナリストに。携帯サイト「超ワールドサッカー」でメルマガやコラムを長年執筆。主な著書に「Jリーグ・レジェンド」シリーズ、「Jリーグ・スーパーゴールズ」、「サッカー戦術ルネッサンス」、「ストライカー特別講座」(東邦出版)など。

1982年来日 韓国初のプロを率いた老監督との邂逅<下>

公開日: 更新日:

 1882年2月、読売クラブ(現東京V)と一戦を交えるために来日した韓国初のプロチーム「ハレルヤ」。試合前日の公開練習で筆者は、チームを率いる金容植(キム・ヨンスク)監督と2人っきりで会話を交わすチャンスに恵まれた。

 サッカー専門誌記者2年目の若造に金監督は練習をそっちのけで熱心に語りかけてきた。

「ハレルヤ」というチーム名にしたのは、当時「宗教活動をしないとプロのチームを作れなかった」。なので選手は全員が信者ということになっていることだった。

 その頃の日本は、まだまだアマチュア全盛の時代だった。「プロ=金に執着する者」とネガティブなイメージがつきまとった。

 韓国にしても、日本と同様に「プロ」という言葉にアレルギーが少なからずあったのだろう。それ故に「ハレルヤ」は、宗教色を帯びた形態を取らざるを得なかったようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小室圭さん不信を生んだ「婚約内定」発覚翌日の不可解行動

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    巨人あるか今季2度目の“粛清人事”…阪神に惨敗で3位に転落

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    巨人66億円FA組と新助っ人総崩れ…原監督が引導渡される日

  8. 8

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  9. 9

    熊田曜子の離婚は成立するのか?DVに詳しい弁護士に聞いた

  10. 10

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

もっと見る