六川亨
著者のコラム一覧
六川亨サッカージャーナリスト

1957年、東京都板橋区出まれ。法政大卒。月刊サッカーダイジェストの記者を振り出しに隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長を歴任。01年にサカダイを離れ、CALCIO2002の編集長を兼務しながら浦和レッズマガジンなど数誌を創刊。W杯、EURO、南米選手権、五輪などを精力的に取材。10年3月にフリーのサッカージャーナリストに。携帯サイト「超ワールドサッカー」でメルマガやコラムを長年執筆。主な著書に「Jリーグ・レジェンド」シリーズ、「Jリーグ・スーパーゴールズ」、「サッカー戦術ルネッサンス」、「ストライカー特別講座」(東邦出版)など。

「10月26日」は日本サッカーにとって不吉な数字と思われた

公開日: 更新日:

サッカー日本五輪代表物語 #2

 1984年のロス五輪アジア最終予選は4連敗に終わった日本だったが、1986年メキシコW杯予選はアジア地区が東西にブロック分けされたこともあり、森孝慈監督(1943年生まれ。広島県出身。修道高ー早大ー三菱。元日本代表。1981年に日本代表監督に就任。Jリーグの浦和、福岡でさい配をふるった。2011年死去。67歳没)率いる日本代表は最終予選まで進出した。

 しかし韓国との決勝はホームで1-2、アウェーでも0-1と敗れ、悲願のW杯初出場は果たせなかった。

 アマチュアの限界を痛感した森監督は、代表選手と代表監督のプロ化を訴えたが、JFA(日本サッカー協会)事務局長だった長沼健氏(1930年生まれ。広島県出身。広島大付高ー関西学院大ー中央大ー古河電工。東京五輪、メキシコ五輪で代表監督。第8代JFA会長。2004年に旭日中授章受賞。2008年死去。77歳没)に「時期尚早」と退けられてしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  3. 3

    上田晋也がコロナ感染…五輪キャスター+レギュラー7本の日テレに大激震!

  4. 4

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  5. 5

    有村架純と大相撲・明生関に交際情報 所属事務所が“強烈かち上げ”激怒の全否定

  6. 6

    メダルラッシュでも広告入らず…東京五輪スポンサー大手紙の誤算

  7. 7

    A.B.C-Zの河合郁人が“MC力”で頭角 ジャニーズ五輪キャスター勢の新星に

  8. 8

    「やっぱり離婚」で気になる市村正親の体力と篠原涼子の女優の価値

  9. 9

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

  10. 10

    小池都知事は感染ワースト更新も他人事 発表前スゴスゴ退庁ダンマリの「計算」

もっと見る