星野陸也は通算1オーバー 米国予選会通過の意地見せた

公開日: 更新日:

【全米オープン】第2日

 星野陸也(25)が全米プロの借りを返した。

 この日は第1ラウンドの残り4ホールを消化して69。続く2アンダーで発進した第2ラウンドは前半に3アンダーまで伸ばすも、後半は別人のようにショットが乱れ、通算1オーバーでホールアウトした。

「第1ラウンドと第2ラウンド前半はショットが良かったが、後半は風の計算が合わずショットがブレはじめて苦しい展開になった。難しいコースはダブルボギーやトリプルボギーがすぐに出る。明日からもボギーを打つ勇気をしっかりもってプレーしたい」(星野)

 先月のメジャー、全米プロは通算15オーバーで予選落ち。実力差を痛感した。その後は帰国せず米国のコースで調整を続け、6月7日に全米オープン最終予選会(カリフォルニア州の会場)に出場。1日36ホールプレーで本戦切符を手にした。石川遼(29=世界ランク145位)と浅地洋佑(28=同336位)は日本地区予選会からの参戦だけに、負けるわけにはいかない。

 同ランク78位の星野は米ツアーでのプレーを熱望している一方で、東京五輪の代表にも強い思いがある。男子の代表は今大会までの成績(21日の世界ランク)で決まる。同ランク15位の松山英樹はすでに確定。もう一人は星野にほぼ決まった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  3. 3

    選手村が五輪中スカスカに? 米国体操チーム“脱出”に組織委は弱腰…今後も続出か

  4. 4

    塩村あやか議員が激白 開会式“深夜の子供出演”は「日本の順法精神が問われている」

  5. 5

    「この家に入るニャ!」インドで猫が毒蛇コブラの侵入を防ぐ

  6. 6

    【スケートボード】ストリート金・堀米雄斗の驚くべき稼ぎ!スポンサー10社以上、LAに豪邸購入

  7. 7

    篠原涼子が市村正親との離婚で問われる「品格」…母より女優、“我が道を行く”も根強い批判

  8. 8

    菅首相が金メダル第1号選手に祝福電話も…「人気取り狙い」バレバレで逆効果

  9. 9

    東京五輪でスケートボード金メダル連発の快挙!「ボーダー=腰パン不良」のイメージ一掃

  10. 10

    ジャニーズも大打撃! 五輪中継一色で割を食う芸能人たち…コロナ禍とWパンチで開店休業状態

もっと見る