羽川豊
著者のコラム一覧
羽川豊プロゴルファー

1957年栃木県出身。79年日本学生ゴルフ選手権優勝。翌80年にプロテストに合格すると、ルーキーイヤーの81年は日本オープン、日本シリーズに優勝。同年代の湯原信光、倉本昌弘とともに「ニューウェーブ三羽烏」と呼ばれた。82年にはメジャーのマスターズから招待され、初出場で15位。「世界最強レフティー」と絶賛された。現在はシニアツアーでプレー。テレビ解説者としても活躍している。

全米オープンではアプローチとパターが成績のカギを握る

公開日: 更新日:

 今週は今季メジャー3戦目の全米オープン(17日開幕)です。1月に行われた「ファーマーズ・インシュアランス・オープン」と同じ米カリフォルニア州トーリーパインズGCが会場です。

 先の全米女子オープンでは笹生優花が勝ち、今回はマスターズを制した松山英樹に「もう一回勝って欲しい」と期待する声が高まっていますが、さすがに簡単に勝てる試合ではありません。

 メジャータイトルを持つ松山は世界ランキング15位につけて米ツアーではトップクラスの仲間入りを果たしています。とはいえ世界ランクトップ3のD・ジョンソン、J・トーマス、J・ラームですら毎回優勝候補に挙げられながら勝つのは容易ではありません。それだけトップ選手の層が厚いといえるのです。

 会場も春先と違い、長く粘るラフの対応が求められ、グリーンの硬さも変わります。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  2. 2

    広末涼子が41歳でセクシー路線に! ファッション誌動画での大胆な脱ぎっぷりとCMで魅せた圧倒美肌

  3. 3

    「やっぱり離婚」で気になる市村正親の体力と篠原涼子の女優の価値

  4. 4

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  5. 5

    アストラゼネカ製解禁でワクチン接種会場が混乱する日…厚労省は40~50代を“狙い撃ち”

  6. 6

    連日酷暑の東京五輪に世界が大ブーイング!“理想的な気候”の偽り招致に「ウソつき」「謝罪せよ」

  7. 7

    「五輪選手がジャンプしても大丈夫」段ボールベッド動画の波紋…エアウィーブ社はどう見た?

  8. 8

    菅首相を“イジる”映画「パンケーキを毒味する」内山雄人監督 「政治バラエティーだと思って見てほしい」

  9. 9

    丸岡いずみ離婚の決定打は有村昆の浮気以外に原因? 家族問題評論家・池内ひろ美氏が推測

  10. 10

    小金沢昇司の芸能プロが倒産!負債額6200万円、御大・北島三郎の苦言を聞いておけばよかった

もっと見る