阪神・佐藤輝 今季40本塁打到達のカギは“外角高め”にアリ

公開日: 更新日:

 64試合で18本塁打。机上の計算ではシーズン40発ペース――。

 新人ながらアーチを量産する阪神佐藤輝明(近大)には、1985年の掛布、岡田以来となる生え抜き日本人選手の30本塁打到達どころか、40本塁打を期待する声も少なくない。

「とはいえ、今後は一層、ライバル球団のマークが厳しくなる。本塁打を増やすには三振を少なくすることが大事になってくる」

 こう話すのは、名球会会員の評論家・山崎裕之氏。佐藤輝は、ここまで12球団断トツの90三振を喫している。

「ホームラン打者だから三振が多くなるのは仕方がない。ただ、これを少しでも減らすことができれば、おのずと安打、本塁打は増える。開幕当初は執拗な内角攻めに苦しみ、バットを折る場面も目立った。交流戦楽天・田中将の内角低めの変化球を腕をうまく畳んで本塁打したように課題を克服しつつあると思うが、40本塁打を打つにはミスショットを減らすなど、さらにステップアップする必要があるでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  3. 3

    上田晋也がコロナ感染…五輪キャスター+レギュラー7本の日テレに大激震!

  4. 4

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  5. 5

    メダルラッシュでも広告入らず…東京五輪スポンサー大手紙の誤算

  6. 6

    有村架純と大相撲・明生関に交際情報 所属事務所が“強烈かち上げ”激怒の全否定

  7. 7

    A.B.C-Zの河合郁人が“MC力”で頭角 ジャニーズ五輪キャスター勢の新星に

  8. 8

    「やっぱり離婚」で気になる市村正親の体力と篠原涼子の女優の価値

  9. 9

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

  10. 10

    有村架純は岡本圭人との復縁説をスルー…交際報道の“もう一人の当事者”明生は沈黙

もっと見る