釜本氏が明かすメキシコ五輪銅メダル秘話「腑抜け状態だったチームはクラマーさんのゲキで生き返った」

公開日: 更新日:

 1968年メキシコ五輪は第1戦のナイジェリア戦で3ゴールを決めて3―1の勝利。初戦は本当に大事だからね。森保ジャパンも、最初の南アフリカ戦で勝ち点3を逃せばエライことになる。なりふり構わずに勝ちにいってもらいたい。

 2戦目はブラジルと1―1で引き分け、3戦目はスペインとスコアレスドロー。2勝1分けのスペインに次いで1勝2分けで決勝トーナメントに進出できた。

 準々決勝のフランス戦では2ゴールを決めて3―1の勝利。準決勝の相手はハンガリー。最終的に金メダルを獲得した強豪に0―5とコテンパンにやられてしまった。

 開催国メキシコと銅メダルをかけた3位決定戦は中1日。しかし、選手一同、大差負けのショックが尾を引き、腑抜けになった状態だった。

 メキシコ戦前日の夕食会でのこと。FIFAの役員という立場でメキシコに滞在していた「日本サッカーの父」クラマーさんがやってきた。

「明日、君たちはどう戦うんだ? 勝てば銅メダル。負ければ何も手にしないで日本に帰る。どっちがいい? 銅メダルもいい色をしているよ」

 選手の心にじんわりと染み込んでいった。

「さぁ~やろうぜ!」

 クラマーさんのおかげでチームが生き返った。

 ま、本音を言うとボク自身は「(ハンガリーとは)レベル差があり過ぎた。50回やっても勝てない。0―1とか僅差で負けて引きずるよりも(0―5で)良かった」とスパッと気持ちを切り替えていたけどね。

3位決定戦で杉山さんとの個人練習が生きた

 3位決定戦は前半に2ゴールを決め、後半もメキシコの猛攻に耐えて2―0で勝利。2ゴールとも左ウイングのリュウさん(杉山隆一)からのパスや。合宿で練習が終わった後は、3歳上のリュウさんと2人で個人練習をやってきた。ケンカ腰で随分やり合ったモンや。

「リュウさん! 自分はこう動きたい。何でこっちにボールを出してくれないんですか!」

「ガマッチョ! おまえはこっちに動け。そしたらそこに出してやる!」

 毎回200本はやった。互いのプレーを信じ合えるようになり、それがメキシコ五輪本番で実った。

 メキシコ戦は特に後半のプレーが心残りだったね。

 実はハンガリー戦の前半15分くらい、相手DFに左足を思いっ切り蹴とばされ、後半になると満足に動けなくなった。メキシコ戦の前半は痛みが出なくて良かったけど、ハーフタイムからジンジン痛くなって、どうしようもなかった。

 後半はGKの横山(謙三)さんのPKストップなど「ゴール担当のリュウさんとボク」以外の選手が、それこそ体を張って守ってくれた。チーム全員で掴み取った銅メダル。

 森保ジャパンが決勝に進み、銅以外の色のメダルを獲得することを心から祈っています。

(構成・日刊ゲンダイ)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  3. 3

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  4. 4

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  5. 5

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  6. 6

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  7. 7

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

  8. 8

    競泳・池江璃花子ついに400mリレー登場も…「五輪出場は運命」発言“炎上”のナゼ

  9. 9

    小林賢太郎氏は開会式演出をクビに…“もうひとりの太郎”麻生財務大臣「ナチス肯定発言」の責任は?

  10. 10

    福山雅治が9年ぶり「ガリレオ」シリーズに意気込む カリスマ復活なるか?

もっと見る