釜本邦茂
著者のコラム一覧
釜本邦茂日本サッカー協会顧問

1944年4月15日生まれ。京都市出身。早稲田大2年で日本代表入り。64年東京五輪に続いて出場した68年メキシコ五輪で得点王を獲得。銅メダル獲得の原動力となった。日本代表Aマッチ76試合75得点(B、Cマッチを含めると231試合153得点)。Jリーグ発足後はG大阪初代監督。98年に日本サッカー協会副会長。95年から参議院議員を務めた。

スペイン戦をドローに持ち込んだ日本代表は五輪メダルを狙える位置にいる

公開日: 更新日:

 東京五輪の本大会に出場するスペインU-24代表選手22人の中にA代表経験者が17人おり、そのうち6人は1週間前にイタリアの優勝で幕を閉じたユーロ(欧州選手権)に出場していたメンバーだった。

 技術、スキルともにトップ選手ならでは風格が漂っていた。スペインは、間違いなく東京五輪の優勝候補に挙げられるだろう。

 そのスペイン代表と対戦して1-1のドローに持ち込んだ森保ジャパンは「本大会でメダルを狙えるポジションにいる」と言ってもいいんじゃないかな。

 五輪代表の試合を見るたびに「OA選手を中心に固い守備」がチーム全体に安定感をもたらし、攻守の連係が良化することでアタッカー陣が伸び伸びと攻撃している印象を受ける。

 神戸で開催された日本とスペインとのテストマッチ(17日)は、スペインが高い個人技とスムーズなパス交換で試合の流れを手繰り寄せた。ボール支配率は60%を優に超え、日本は選手全員が自陣に封じ込まれる時間帯も長かった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  3. 3

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  4. 4

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  5. 5

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  6. 6

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  7. 7

    競泳・池江璃花子ついに400mリレー登場も…「五輪出場は運命」発言“炎上”のナゼ

  8. 8

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

  9. 9

    東京五輪「呪われた開会式」大手メディアが決して書かない“舞台裏”をドキュメント

  10. 10

    小林賢太郎氏は開会式演出をクビに…“もうひとりの太郎”麻生財務大臣「ナチス肯定発言」の責任は?

もっと見る