釜本邦茂
著者のコラム一覧
釜本邦茂日本サッカー協会顧問

1944年4月15日生まれ。京都市出身。早稲田大2年で日本代表入り。64年東京五輪に続いて出場した68年メキシコ五輪で得点王を獲得。銅メダル獲得の原動力となった。日本代表Aマッチ76試合75得点(B、Cマッチを含めると231試合153得点)。Jリーグ発足後はG大阪初代監督。98年に日本サッカー協会副会長。95年から参議院議員を務めた。

五輪後にA代表の過半数をU-24メンバーが占めても驚かない

公開日: 更新日:

 日本代表の<怒涛の9連戦>が終わった。

 5月28日のA代表・W杯アジア2次予選ミャンマー戦を皮切りに東京五輪に出場するU―24代表、女子代表の試合を含めて6月15日までの19日間に9試合が行われた。3日のA代表の相手・ジャマイカ代表の選手が、PCR検査実施方法の手違いなどで来日できず、弟分のU―24代表と対戦する事態となったが、このことも含めて3カテゴリーの代表選手たちは、非常に有意義な時間を過ごすことが出来たのではないか。

【写真】この記事の関連写真を見る(17枚)

 U―24代表はA代表に0―3で完敗。五輪本大会に向けて不安を感じさせたが、合宿を通してチーム力をグングン上げていき、5日のU―24ガーナ戦と12日のジャマイカ代表戦では、良質の戦いぶりを見せてくれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

  3. 3

    全米ホロリ…おひとりさま高齢女性客が残したチップとメモの想い

  4. 4

    「報ステ」大越健介キャスター抜擢で…テレ朝から聞こえてきた不協和音

  5. 5

    テレ朝「報ステ」大越健介氏キャスター抜擢で囁かれる“相方”女性キャスターの名前

  6. 6

    テレ朝・斎藤ちはるアナのコロナ感染で"TBSのドン・ファン"に再び脚光が…

  7. 7

    福原愛が念願の五輪解説で大張り切り “不倫妻イメージ”払拭に躍起も複雑な胸中

  8. 8

    開会式トンズラの安倍前首相 日本人メダルラッシュにも沈黙のナゼ

  9. 9

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  10. 10

    中居正広が「酒浸り」告白 五輪キャスター“再選出”も声かからず意気消沈の日々

もっと見る