西武が即戦力左腕2人指名も“宝の持ち腐れ”に? 投手C不安だらけ、監督人事も二転三転

公開日: 更新日:

 一流の素材を「調理」できるのか。

 西武は14日、ドラフト1位の隅田知一郎(西日本工大)に指名挨拶を行った。

 渡辺GMは「ウチは左投手が不足している。(隅田は)高い確率で先発ローテに入ってくれる」と期待を寄せれば、隅田も「できれば10勝したいけど、今の自分では実力が足りないと思う。しっかり練習していく」と話した。

■ドラ1隅田、ドラ2佐藤ともに即戦力の左腕

 隅田は大学ナンバーワン左腕と呼び声も高く、2位指名の佐藤隼輔(筑波大)も即戦力の左投手。西武は計算できる先発左腕がおらず、万々歳のドラフトとなったのだが、喜んでばかりもいられない。「金の卵」を預かる首脳陣はといえば、不安だらけだからだ。

 西武のチーム防御率は3年連続リーグワースト。昨季は4.28、今季は多少マシになったとはいえ、4.00でリーグ唯一の4点台だ。特に左腕不足は深刻。今季、先発左腕の勝ち星は浜屋と内海で計2勝という惨状だ。


「左腕が定着しないのは一軍、二軍投手コーチのバランスが悪いことも無関係じゃない。一軍の西口、豊田の両コーチは右投手。逆に二軍のメインは左腕の清川、杉山コーチです。レベルの高い即戦力左腕を手に入れても、今の右腕コーチ2人がどこまで実用的な助言をできるか……。豊田コーチはブルペン担当として救援防御率を19年の3.88から昨季は同3.48、今季も3点台中盤と改善させてはいるものの、何か策を打たなければ本当の左腕不足解消にはなりませんよ」(球団OB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  2. 2
    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  3. 3
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 4
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  5. 5
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    フジテレビ日枝久相談役に「超老害」批判…局内部の者が見てきた数々のエピソード

    フジテレビ日枝久相談役に「超老害」批判…局内部の者が見てきた数々のエピソード

  3. 8
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  4. 9
    守勢の小池百合子氏は10Pリードも不安視される“女帝の舌禍”…「排除」発言で急失速の過去

    守勢の小池百合子氏は10Pリードも不安視される“女帝の舌禍”…「排除」発言で急失速の過去

  5. 10
    大谷を襲う「申告敬遠禍」…不動のリードオフマン離脱は本塁打王争いの行方にも影響必至

    大谷を襲う「申告敬遠禍」…不動のリードオフマン離脱は本塁打王争いの行方にも影響必至