亀新フィーバーの92年 年俸大幅増の新庄にアドバイスすると「え、税金って何ですか?」

公開日: 更新日:

野田浩司(元阪神、オリックス投手)

 めちゃくちゃ肩の強いやつが一軍に上がってきたな――。

 野田氏が5年目の1992年5月のこと。主砲で正三塁手だったオマリーが故障離脱したことを受け、高卒3年目の新庄が急きょ昇格を果たした。

「三塁の守備練習を見ていると、一塁にビュンビュン投げていて、コントロールは悪かったけど、鉄砲肩は際立っていました。すると、昇格初打席で初球をいきなりプロ初本塁打。これが決勝打となってフィーバーが始まりました」

 新庄は7月から中堅に入り、右中間コンビを組むことになる亀山努が、ガッツあふれるヘッドスライディングで甲子園を沸かせていた。そこに新庄が加わり、「亀新フィーバー」が巻き起こった。

「新庄の台頭によって女性ファンが激増しましたね。新大阪駅から新幹線で移動する時なんて、ホームで、もみくちゃにされましたから。女性ファンがギリギリまで新庄に近づこうとして、新幹線の中に入った途端、ドアが閉まってしまったことがあった。新庄は広報部員に守られているから気付いていない。その子は京都駅で下車してUターンしたみたい。行く先々で新庄目当ての若い女性がボードを掲げていて、まるでコンサート会場のようでした」

 当時の選手寮「虎風荘」は甲子園球場の東隣にあった。寮生は徒歩で球場入りするが、新庄は歩いて数分の距離を寮長が車で送迎しなければならないほど、フィーバーは凄まじかった。

隣の甲子園へ寮長が車で送迎

 その年、阪神は優勝争いに加わり、2位に終わったものの、「虎のプリンス」は11本塁打をマーク。当然、取材も殺到した。野田氏は新庄に、こう助言したという。

「このオフは年俸もバーンと上がるだろうし、テレビ出演とかインタビューとか副収入もたくさんあるだろう。でも、来年の税金の分は考えておかないといかんぞ」

「え? 野田さん、税金って何ですか?」

「は? 所得税といって今年稼いだ分から、来年何%か納めるもんや! 国民の義務や。知らんのか?」

「稼いだ分は全部もらえるんじゃないんですか?」

「そんなわけないやろ!とにかく取っておかないとあかんぞ」

 野田氏は92年オフ、トレードでオリックスへの移籍が決まった。その頃、新庄の年俸は2200万円に大幅アップ。すぐに2000万円のベンツを購入したそうで、後に「(残りの)200万円で過ごせばいいと思った。税金を知らなかった」と出演したテレビ番組で大笑いしていたという。

「『人の話を聞いていなかったんかい!』とテレビに向かって突っ込んだのは言うまでもありません」(この項おわり)

*この記事の関連【動画】もご覧いただけます。


▽野田浩司(のだ・こうじ) 1968年2月9日生まれ。熊本県出身。多良木高から九州産交を経て87年ドラフト1位で阪神入り。92年に松永浩美とのトレードでオリックス入り。93年に17勝5敗で最多勝。95年に1試合19奪三振のプロ野球記録。2000年引退。通算成績は89勝87敗9セーブ。05年から08年までニチダイでコーチ。現在はJSPORTS野球解説者。NTT西日本で投手を指導中。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    眞子さんはNYで庶民生活を満喫! 迷子になってもへっちゃら…

    眞子さんはNYで庶民生活を満喫! 迷子になってもへっちゃら…

  2. 2
    NHK和久田麻由子アナが「おめでた」か? 産休後の後任と“玉突き人事”を勝手に占う

    NHK和久田麻由子アナが「おめでた」か? 産休後の後任と“玉突き人事”を勝手に占う

  3. 3
    サンモニ降板の張本勲氏、AKB妊娠発言の徳光和夫…“困った高齢者”が抱える共通項

    サンモニ降板の張本勲氏、AKB妊娠発言の徳光和夫…“困った高齢者”が抱える共通項

  4. 4
    「日本沈没」の主人公たちのマヌケっぷりにだいぶ冷めてきました

    「日本沈没」の主人公たちのマヌケっぷりにだいぶ冷めてきました

  5. 5
    万引誤認でウォルマート訴え勝訴 米アラバマ州の女性がゲットした巨額賠償金はいくら?

    万引誤認でウォルマート訴え勝訴 米アラバマ州の女性がゲットした巨額賠償金はいくら?

もっと見る

  1. 6
    森田剛が「5代目相棒」候補に急浮上! 稲垣吾郎、竹野内豊、向井理の名前も

    森田剛が「5代目相棒」候補に急浮上! 稲垣吾郎、竹野内豊、向井理の名前も

  2. 7
    中学受験「私立か公立か」開成と都立小石川中教の両方に合格したら…

    中学受験「私立か公立か」開成と都立小石川中教の両方に合格したら…

  3. 8
    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

  4. 9
    「高校監督時にプロ入りを勧めたのは新庄一人だけ」西日本短大付高の元監督が明かす

    「高校監督時にプロ入りを勧めたのは新庄一人だけ」西日本短大付高の元監督が明かす

  5. 10
    創業3年で月商1億円突破! ネット通販サイトを成功させた元イケメン俳優の挫折と道程

    創業3年で月商1億円突破! ネット通販サイトを成功させた元イケメン俳優の挫折と道程