3月場所は「マイペース稽古」の御嶽海が有利? コロナ禍で力士全員が実戦不足の異常事態

公開日: 更新日:

 異様な本場所である。

■250人以上が感染

 1月場所後、相撲協会では親方や力士を含めた250人以上が新型コロナに感染。横綱照ノ富士をはじめ、関取衆にも感染が広がり、2月の合同稽古は中止となった。いまだ禁止中の出稽古は当然、部屋内での稽古すら満足に行えないありさま。

 13日初日の3月場所(大阪)に向けて、「十分な稽古ができた」と胸を張れる力士は皆無だろう。

 照ノ富士の所属する伊勢ケ浜部屋は関取だけで6人おり、出稽古や合同稽古に頼る必要がないのが強みだった。しかし、部屋内で感染者が出たとあれば、関取同士の申し合いが減り、せっかくのメリットも生かせなくなる。

 そんな中、角界では「新大関の御嶽海(29)が有利ではないか」という声が出ている。親方のひとりはその根拠を次のように語る。

「御嶽海も今回、新型コロナに感染して入院。1月場所で172キロあった体重は165キロを下回った。感染していない力士に比べると、稽古不足は明らかです。ただ、御嶽海には長年『マイペース稽古』を続けてきた経験がある。周囲から見れば物足りなく映っても、本人なりに効率のいい稽古を積み重ね、結果的に大きなケガもせずに来た。もともと所属する出羽海部屋には御嶽海以外の関取がおらず、しかも2020年3月場所以降は出稽古すら禁止になった。つまり、他の力士が悩む稽古不足・実戦不足は、御嶽海にとって日常のようなもの。それで大関に昇進したわけですから」

 御嶽海は20年3月場所で三役に上がると、以降は一度も平幕に落ちずに地位をキープ。先場所は3度目の優勝を果たし、ついに大関へと昇進した。

 06年5月場所の白鵬(現間垣親方)以来となる、史上9人目の新大関Vへの期待大だ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    木村拓哉「教場」で10年半ぶり“フジ月9”…そしてヒロイン候補に浮上する女優の名前

    木村拓哉「教場」で10年半ぶり“フジ月9”…そしてヒロイン候補に浮上する女優の名前

  2. 2
    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

  3. 3
    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

  4. 4
    電動キックボードで男性死亡…運営会社LUUPの釈明に「お悔み申し上げますくらい言えば」の声

    電動キックボードで男性死亡…運営会社LUUPの釈明に「お悔み申し上げますくらい言えば」の声

  5. 5
    松村沙友理との破局言及におけるヒカルの「無配慮」芸能人がYouTuberと交際するリスク

    松村沙友理との破局言及におけるヒカルの「無配慮」芸能人がYouTuberと交際するリスク

  1. 6
    朝倉未来「Breaking Down」で人気のラッパーが逮捕 “警棒”での男性暴行に「やっぱり」の声

    朝倉未来「Breaking Down」で人気のラッパーが逮捕 “警棒”での男性暴行に「やっぱり」の声

  2. 7
    これが安倍氏国葬の内幕…会場では水しか飲めず、官僚は寝落ち、超グダグダ進行に怒号まで

    これが安倍氏国葬の内幕…会場では水しか飲めず、官僚は寝落ち、超グダグダ進行に怒号まで

  3. 8
    大谷の新ボスに元ロッテ監督・バレンタイン氏が浮上! 72歳老将自ら“売り込み”の成果は?

    大谷の新ボスに元ロッテ監督・バレンタイン氏が浮上! 72歳老将自ら“売り込み”の成果は?

  4. 9
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  5. 10
    多額の“手切れ金”支払いへ…村上グループに株買い占められた「セントラル硝子」の覚悟

    多額の“手切れ金”支払いへ…村上グループに株買い占められた「セントラル硝子」の覚悟