小祝さくらが全米女子OP直前に国内参戦の不可解…海外メジャーは“遠足”なのか?

公開日: 更新日:

【リゾートトラストレディス】第1日

「彼女らしいと言えば、そうですが……」

 ツアー関係者がこう言うのは小祝さくら(24)のことだ。

■全米女子オープン参戦組で唯一出場

 西郷真央(20)や西村優菜(21)、上田桃子(35)ら、来週の全米女子オープン(OP=6月2日開幕・ノースカロライナ州パインニードルズ・ロッジ&ゴルフクラブ)に出場する選手は今大会を欠場し、今週中に渡米する。「全米参戦組」で唯一、山梨にやってきたのが小祝だ。

 2020年の全米女子OPに出場した小祝は開幕前週の土曜日に現地入りしたものの、「時間が余った」との理由で、「今回は強行スケジュールを組んだ」そうだ。冒頭の関係者は苦笑いを浮かべてこう続けた。

「開幕週の月曜日(午前)に渡米とは、のんびり屋の小祝らしい考えです。1日でも早く現地に入れば時差ボケ対策になるし、近隣コースで練習もできる。前回パインニードルで女子OPが開催されたのは07年。当時のビデオを事前に入手しておけば各ホールの攻め方をじっくり研究し練習に入れる。小祝の今回のスケジュールでは、大会コースでの練習は開幕2日前の火曜日からになる。海外メジャーの直前に時間が足りないことはあっても、余ることはないですよ」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大阪市が試算公表…大阪万博会期中やっぱり渋滞発生、原因はカジノ工事と丸かぶりのマヌケ

    大阪市が試算公表…大阪万博会期中やっぱり渋滞発生、原因はカジノ工事と丸かぶりのマヌケ

  2. 2
    相撲協会の逆鱗に触れた白鵬のメディア工作…イジメ黙認と隠蔽、変わらぬ傲慢ぶりの波紋と今後

    相撲協会の逆鱗に触れた白鵬のメディア工作…イジメ黙認と隠蔽、変わらぬ傲慢ぶりの波紋と今後

  3. 3
    最悪だった米国キャンプ…持て余す暇、発砲事件、偽札使用の誤解、私だけが見えなかったUFO騒動

    最悪だった米国キャンプ…持て余す暇、発砲事件、偽札使用の誤解、私だけが見えなかったUFO騒動

  4. 4
    「津田沼戦争」を勝ち抜いたヨーカドーが閉店へ…空き店舗のまま“棚ざらし”の恐れも

    「津田沼戦争」を勝ち抜いたヨーカドーが閉店へ…空き店舗のまま“棚ざらし”の恐れも

  5. 5
    岸田首相の政倫審出席は“自爆テロ”で裏目確実 次の展開は森喜朗氏と二階元幹事長の国会招致か

    岸田首相の政倫審出席は“自爆テロ”で裏目確実 次の展開は森喜朗氏と二階元幹事長の国会招致か

  1. 6
    真田広之「SHOGUN 将軍」が世界同時配信…二階堂ふみも驚いた日米撮影現場の“彼我の差”

    真田広之「SHOGUN 将軍」が世界同時配信…二階堂ふみも驚いた日米撮影現場の“彼我の差”

  2. 7
    大阪・関西万博大ピンチ! 「電通」離脱で意思決定機関は専門家不在の“烏合の衆”

    大阪・関西万博大ピンチ! 「電通」離脱で意思決定機関は専門家不在の“烏合の衆”

  3. 8
    広岡達朗GMが「休日を召し上げ」バレンタイン監督は激怒した…95年、内紛勃発の内幕

    広岡達朗GMが「休日を召し上げ」バレンタイン監督は激怒した…95年、内紛勃発の内幕

  4. 9
    岸田首相の政倫審出席は完全墓穴…野田元首相にボコられ「政治資金パーティー」自粛を約束

    岸田首相の政倫審出席は完全墓穴…野田元首相にボコられ「政治資金パーティー」自粛を約束

  5. 10
    SixTONESに一部ファンから退所希望のナゼ  “ツアーチケット定価割れ問題”は事務所のせい?

    SixTONESに一部ファンから退所希望のナゼ “ツアーチケット定価割れ問題”は事務所のせい?