どれだけの日本男子プロが本気で「全英オープン」に行きたいと思っているのか

公開日: 更新日:

【ミズノオープン】第2日

 今年も上位4人(有資格者を除く)が全英切符を手にする今大会。この日67人の予選落ちが決まった。

 1860年スタートの全英に日本勢が初めて参戦したのは1932年の宮本留吉。76年には鈴木規夫が初日に首位に立ち、10位でフィニッシュ。世界で注目された。鈴木はこのとき、英国で予選会を通っての出場だった。かつて日本選手が全英に出るには、賞金ランクの上位に入るか、鈴木のように現地で予選会やマンデートーナメントを通過するしか方法がなかった。

 93年から今大会が国内予選会を兼ねるようになり、上位の成績を収めれば、海外に出て行かなくても出場できるようになった。日本勢にとってはありがたいことだが、多くの選手が「全英に出て、本場のリンクスでプレーしたい」とはいうものの、国内の予選会で切符を逃せば、「これでおしまい」というのが実情だ。

 どうしても出たいのならチャンスはこの大会だけではない。開催日は異なるが、韓国、シンガポール、南アフリカ、カナダ、スペイン、米国、スコットランドなどでも予選は行われている。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

  2. 2
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  3. 3
    ロシアの村で36歳男性が教会に放火…明らかにされた犯行動機にビックリ仰天!

    ロシアの村で36歳男性が教会に放火…明らかにされた犯行動機にビックリ仰天!

  4. 4
    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

  5. 5
    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

  1. 6
    上原多香子は女優復帰、今井絵理子は再婚間近…元「SPEED」メンバーそれぞれの現在地

    上原多香子は女優復帰、今井絵理子は再婚間近…元「SPEED」メンバーそれぞれの現在地

  2. 7
    フェンシング日本代表“沖縄レジャー合宿”発覚 問われる武井壮会長と太田雄貴前会長の責任

    フェンシング日本代表“沖縄レジャー合宿”発覚 問われる武井壮会長と太田雄貴前会長の責任

  3. 8
    山﨑賢人に広瀬すずとの“半同棲”報道 「焼き肉デート」の土屋太鳳とはどうなった?

    山﨑賢人に広瀬すずとの“半同棲”報道 「焼き肉デート」の土屋太鳳とはどうなった?

  4. 9
    ジャガー横田の長男・大維志君が進学した長野県「偏差値66」私立高校の評判

    ジャガー横田の長男・大維志君が進学した長野県「偏差値66」私立高校の評判

  5. 10
    元売りへの補助金が当初予算の20倍に…「だったらガソリン税を下げろ!」が有権者の願い

    元売りへの補助金が当初予算の20倍に…「だったらガソリン税を下げろ!」が有権者の願い