中村剛也におんぶに抱っこは限界…西武次期監督が払わされる“おかわりくん優先”のツケ

公開日: 更新日:

 ベテランにおんぶに抱っこも限界だろう。

 西武中村剛也(38)が「3番・三塁」で出場した5日のヤクルト戦で途中交代。三回に空振り三振すると、松井稼頭央ヘッドコーチが近寄り、何やら話しながらベンチに下がった。直後のイニング交代で三塁が中村から呉へと変更された。

■右手親指関節痛で5日途中交代

 幸いにも軽傷。辻監督は試合後、「右手の親指関節を痛めただけ」と説明したが、なにせ38歳。100キロ以上の体重も若い時分ならまだしも、現在は故障の要因のひとつにもなっている。

 西武OBが言う。

「2012年に手術した左ヒザがバクダンになっている。それに伴い、体重と加齢もあって腰痛に悩まされることも増えた。当然、調整にも影響を与えている。もっか打率.190、4本塁打、13打点と不振にあえいでいるのも、年齢や体のことを考えれば不思議ではない。問題はそんな中村をいまだ『三塁のレギュラー』として重宝している首脳陣ですよ。三塁はとにかく中村優先。呉念庭や山田遥楓が三塁を守るのは、中村がDH出場した時や状態に不安がある時のみ。それもいつまでも続くわけではないし、中村にこだわり続ければ他の選手の成長も遅れかねない」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  2. 2
    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

  3. 3
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  4. 4
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  5. 5
    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

  1. 6
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  2. 7
    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

  3. 8
    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

  4. 9
    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

  5. 10
    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?