中日根尾の投手専念は大正解とOB太鼓判!巨人4番岡本和から三振奪うも、打者では三球三振

公開日: 更新日:

「投手としていいスタートが切れたと思います」

 球団OBの評論家・ギャオス内藤氏がこう言った。

 19日の巨人戦、野手から投手に転向した中日根尾昂(22)が4点ビハインドの九回2死から登板。今季3試合目、投手転向後初のマウンドで巨人の4番・岡本和から空振り三振を奪うと、バンテリンドームは今年一番の盛り上がりを見せた。

 初球、149キロ直球を低めに決め、2球目は初球と同じコースからスライダーを曲げて空振りを奪った。岡本をわずか2球で追い込むと、4球目にはこの日最速となる151キロをマーク。最後は149キロの高め直球でバットに空を切らせた。冒頭の内藤氏が続ける。

「いくら高校時代に投手経験があったとはいえ、いきなり150キロをマークするだけでも魅力があるのに、ストライク先行の投球もできている。当面はビハインドの展開での登板になるでしょうけど、一つ一つ結果を積み重ねていけば、ゆくゆくは勝ちパターンに入れる可能性があると思っています。リードされている展開では相手打者のプレッシャーが比較的小さく、ガンガン振ってくる傾向がある。時にはガツンと打たれることもあるでしょうが、抑える確率を上げていくことが大事です。野手としてなかなか結果を残せず、投手転向はプロで生き残っていくための手段。一足飛びで投手をモノにすることは難しいですが、目の前の打者を抑えることに集中し、どんどん経験を積んでいってほしいですね」

 根尾は登板直後の九回裏に打席にも立ち、リアル二刀流が実現。巨人の抑え・大勢の力強い直球に力負けし、三球三振に倒れた。近日中に正式に投手登録される見通しだが、野手よりもむしろ、投手としての可能性が見えた試合だったといえそうだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

  2. 2
    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

  3. 3
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

  4. 4
    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

  5. 5
    今夏は「逆さビキニ」が再流行?仏ファッション誌も太鼓判

    今夏は「逆さビキニ」が再流行?仏ファッション誌も太鼓判

  1. 6
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  2. 7
    新庄監督のトライアウトで日本ハム選手“ガス欠”…交流戦以降わずか1勝8敗のドロ沼

    新庄監督のトライアウトで日本ハム選手“ガス欠”…交流戦以降わずか1勝8敗のドロ沼

  3. 8
    歩りえこ40歳がヌード写真集に挑戦!「痩せにくくなって、夜はゆでたまご3個だけ」

    歩りえこ40歳がヌード写真集に挑戦!「痩せにくくなって、夜はゆでたまご3個だけ」

  4. 9
    シーズン初勝利の試合直後、投手コーチに言った「肘が痛くて…もう投げられません」

    シーズン初勝利の試合直後、投手コーチに言った「肘が痛くて…もう投げられません」

  5. 10
    生稲晃子氏が候補者アンケートにまさかの「無回答」連発! 何がやりたくて国政を志すのか

    生稲晃子氏が候補者アンケートにまさかの「無回答」連発! 何がやりたくて国政を志すのか