山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

阪神・大山悠輔が通算100号達成 この7月に期待する本塁打数

公開日: 更新日:

 6月は10本塁打、29打点と絶好調だった阪神大山悠輔だが、最近少し心配していた。というのも6月21日に今季18号本塁打を放って以降、しばらく一発が出ていなかったからだ。

 そもそも大山という打者は好不調の波が大きいことで知られている。好調時に固め打ちをする爆発力には前から定評があり、2年目の2018年9月にも月間9本塁打を量産した実績がある。中でも同16日のDeNA戦で記録した6打数6安打3本塁打7打点は今も語り草だ。しかし、その一方でいったん打てなくなると、その不振が長引くところがあるから、これまでいまひとつ突き抜けた成績を残せずにいた。

 思い出すのはコロナの影響で年間120試合に減少した20年の大山である。この年の大山は打率.288、28本塁打、85打点と過去最高の成績をマークし、全体的には好調だった印象が強いだろう。しかし、私が今でも歯がゆく思うのはその年の終盤、第26号本塁打を放った10月13日以降の残り23試合だ。

 なにしろ、その時点での大山の本塁打数26は巨人岡本和真を抜き去ってリーグ単独トップだったのだ。このとき、チームの消化試合数は97試合だったため、通常の143試合制で計算すると約38本、120試合制でも32本を超えるペースだった。当時の私は大山の本塁打王を夢見ながらも、しかし、そこまで贅沢なことは言わないから、せめて1985年の掛布雅之岡田彰布以来となる生え抜き日本人選手の30本超えは達成してほしいと願っていた。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2
    ニデック(下)カリスマ経営者が自動車メーカーのEVシフトを読み違えて大きく躓いた

    ニデック(下)カリスマ経営者が自動車メーカーのEVシフトを読み違えて大きく躓いた

  3. 3
    ベッツにカーショー、フリーマン…ド軍MVP3人の仰天素顔

    ベッツにカーショー、フリーマン…ド軍MVP3人の仰天素顔

  4. 4
    中森明菜が完全復活へ!公式YouTubeで“顔出し歌唱”披露、変わらぬ美しさにファン歓喜

    中森明菜が完全復活へ!公式YouTubeで“顔出し歌唱”披露、変わらぬ美しさにファン歓喜

  5. 5
    林真理子日大理事長の入学式祝辞 意地悪な人たちも返す言葉がないんじゃない?

    林真理子日大理事長の入学式祝辞 意地悪な人たちも返す言葉がないんじゃない?

  1. 6
    オリックス山下舜平大を直撃「山本由伸先輩からどんな影響を?」「メジャーに行きたい?」

    オリックス山下舜平大を直撃「山本由伸先輩からどんな影響を?」「メジャーに行きたい?」

  2. 7
    トー横で15歳少女を“借金沼”にハメたイケメンホストの素性は…高校野球の名門「駒大苫小牧」の元主将

    トー横で15歳少女を“借金沼”にハメたイケメンホストの素性は…高校野球の名門「駒大苫小牧」の元主将

  3. 8
    エンゼルスには「大谷移籍」が好影響? 投打の主力失ったのに地区首位快走のナゼ

    エンゼルスには「大谷移籍」が好影響? 投打の主力失ったのに地区首位快走のナゼ

  4. 9
    大谷絶好調の裏にMLBとドジャースの「特別扱い」…異例のバックアップ体制で打率.345

    大谷絶好調の裏にMLBとドジャースの「特別扱い」…異例のバックアップ体制で打率.345

  5. 10
    衆院東京15区補選はカオスな展開…乙武洋匡氏めぐり2つの異変、自民vsファーストの会“泥仕合”

    衆院東京15区補選はカオスな展開…乙武洋匡氏めぐり2つの異変、自民vsファーストの会“泥仕合”