山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

阪神・大山悠輔が通算100号達成 この7月に期待する本塁打数

公開日: 更新日:

 6月は10本塁打、29打点と絶好調だった阪神大山悠輔だが、最近少し心配していた。というのも6月21日に今季18号本塁打を放って以降、しばらく一発が出ていなかったからだ。

 そもそも大山という打者は好不調の波が大きいことで知られている。好調時に固め打ちをする爆発力には前から定評があり、2年目の2018年9月にも月間9本塁打を量産した実績がある。中でも同16日のDeNA戦で記録した6打数6安打3本塁打7打点は今も語り草だ。しかし、その一方でいったん打てなくなると、その不振が長引くところがあるから、これまでいまひとつ突き抜けた成績を残せずにいた。

 思い出すのはコロナの影響で年間120試合に減少した20年の大山である。この年の大山は打率.288、28本塁打、85打点と過去最高の成績をマークし、全体的には好調だった印象が強いだろう。しかし、私が今でも歯がゆく思うのはその年の終盤、第26号本塁打を放った10月13日以降の残り23試合だ。

 なにしろ、その時点での大山の本塁打数26は巨人岡本和真を抜き去ってリーグ単独トップだったのだ。このとき、チームの消化試合数は97試合だったため、通常の143試合制で計算すると約38本、120試合制でも32本を超えるペースだった。当時の私は大山の本塁打王を夢見ながらも、しかし、そこまで贅沢なことは言わないから、せめて1985年の掛布雅之岡田彰布以来となる生え抜き日本人選手の30本超えは達成してほしいと願っていた。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

  2. 2
    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

  3. 3
    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

  4. 4
    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

  5. 5
    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  1. 6
    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

  2. 7
    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

  3. 8
    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

  4. 9
    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

  5. 10
    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず

    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず