コロナで二軍戦中止相次ぎが「地盤沈下」深刻…ソフトB入り秋吉も一軍合流遅れの大誤算

公開日: 更新日:

 103──何の数字かといえば、7月までに中止になった二軍戦の試合数だ(28日時点)。

 二軍はイースタン、ウエスタンともに屋外球場がほとんどで、雨天中止が多い。そこにきて猛威を振るっているのがコロナ禍だ。

 昨季も7月までに同じく103試合が中止。コロナ以前の2019年は同64試合で、雨にたたられた18年も80試合。17年は69試合だった。コロナの影響は一目瞭然だ。

 もちろん、二軍の試合は一軍のそれに比べて、中止になっても金銭的な損失は小さい。しかし、それは主に球団の運営サイドの事情。現場としては二軍戦中止は下手をすれば一軍以上に大きいというのだ。

「一番重要なのが若手の育成です。二軍はあくまで『鍛える場』。試合が減れば減った分、育成が遅れる。野手ならまだしも、登板間隔などを考えたら先発投手はたまったもんじゃない。ケガで二軍落ちしている主力の調整にも影響が出る。ソフトバンク入りした元日本ハムの秋吉も、調整登板する予定の二軍戦が中止になり、予定されていた一軍合流が遅れています」(パ球団編成担当)

 崖っぷちの選手も針のムシロだろう。相次ぐ試合中止でアピールの場が失われ、あっという間に1年が過ぎる。そして待っているのがオフの戦力外通告だとすれば、あまりにやりきれない。たかが二軍戦中止──では済まされないのだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「オミクロン系ワクチン」は急いで打つ必要なし 11月以降の接種で感染予防にもなる

    「オミクロン系ワクチン」は急いで打つ必要なし 11月以降の接種で感染予防にもなる

  2. 2
    “サメがウヨウヨ”悪ふざけ投稿が話題に…米フロリダのショッピングモールでニセ演出

    “サメがウヨウヨ”悪ふざけ投稿が話題に…米フロリダのショッピングモールでニセ演出

  3. 3
    ガーシー議員が人気女優の“パパ活疑惑”配信も…暴露行為を疑問視「国会に出ろ」とブーメラン

    ガーシー議員が人気女優の“パパ活疑惑”配信も…暴露行為を疑問視「国会に出ろ」とブーメラン

  4. 4
    菅前首相の“絶賛弔辞”コピペ疑惑で赤っ恥 「前提すっ飛ばしなら一種の剽窃」と識者バッサリ

    菅前首相の“絶賛弔辞”コピペ疑惑で赤っ恥 「前提すっ飛ばしなら一種の剽窃」と識者バッサリ

  5. 5
    セ最下位中日は12球団ワーストの超貧打 OB名球会コーチ招聘だけでは解決しない“元凶”

    セ最下位中日は12球団ワーストの超貧打 OB名球会コーチ招聘だけでは解決しない“元凶”

  1. 6
    円楽師匠急逝で風雲急告げる「笑点」大喜利の後継者選び 落語協会と日テレの思惑に食い違い

    円楽師匠急逝で風雲急告げる「笑点」大喜利の後継者選び 落語協会と日テレの思惑に食い違い

  2. 7
    太田光また旧統一教会“擁護発言”で大炎上…暴走が“売り”のはすが完全裏目、現場は制御不能か

    太田光また旧統一教会“擁護発言”で大炎上…暴走が“売り”のはすが完全裏目、現場は制御不能か

  3. 8
    京都の観光業界に衝撃! 老舗高級ホテルで相続めぐる民事訴訟が泥沼化

    京都の観光業界に衝撃! 老舗高級ホテルで相続めぐる民事訴訟が泥沼化

  4. 9
    有原、西勇輝、松田宣、筒香、森友哉…5年ぶりBクラスの原巨人はFA乱獲へまっしぐら

    有原、西勇輝、松田宣、筒香、森友哉…5年ぶりBクラスの原巨人はFA乱獲へまっしぐら

  5. 10
    不合格になった筑附高受験生は「悠仁さまの合格」をどう見ているのか?

    不合格になった筑附高受験生は「悠仁さまの合格」をどう見ているのか?