巨人13日ぶり試合…最大の心配はエース菅野「コロナから復帰急げば重大な故障も」とOB危惧

公開日: 更新日:

 巨人の後半戦がやっと始まった。

 先月の19日以降、支配下選手41人を含む計84人の新型コロナ感染者を出し、同20日のヤクルト戦を最後に計6試合延期となっていた。

【写真】この記事の関連写真を見る(07枚)

 13日ぶりの試合となった2日の阪神戦には、3番・中堅に丸、4番・三塁に岡本和、6番・一塁にウィーラー、7番・遊撃に北村と、陽性判定を受けた4人がスタメンに名を連ねた。

「他球団に比べて感染者が爆発的に多かったとはいえ、岡本和や丸ら陽性だった選手が1試合も休まずに4人もスタメンで出場した。他球団に『巨人だけ主力が回復するのを待っていた』と言われても仕方ありません」と、苦笑いする巨人OBで元投手コーチの高橋善正氏がこう続ける。

「ただ、感染した影響が大きいのは、間違いなく野手より投手。まず肩の関節が緩むため、投げ込む時間が必要になる。下半身も弱ってしまいますから、短期間でも走り込んで体をつくり直さないとなかなか球威は戻らないでしょう。仮に1週間休んだとすれば、元の体に戻るまで、最低でも1~2週間はかかる。投手の体や感覚は繊細。だからキャンプから段階を踏んで調整するのです。さらに同じ投手でも、長いイニングを投げるスタミナが必要な先発に、より大きな影響が出るでしょうね。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

  2. 2
    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

  3. 3
    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

  4. 4
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  5. 5
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  1. 6
    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

  2. 7
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  3. 8
    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

  4. 9
    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

  5. 10
    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍

    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍