渋野日向子“ジェットコースターゴルフ”の真骨頂! 予選落ち続き一転、全英女子最後までV争い

公開日: 更新日:

【全英女子オープン】最終日

 無念の1打差だった。

 首位に5打差、通算9アンダー発進の渋野日向子(23)は、3年ぶり2度目の全英制覇が期待されたが、1イーグル、3バーディー、3ボギー、1ダブルボギーの71。通算10アンダーで並んだA・ブハイとチョン・インジに1打届かず3位に終わった。

 強風が吹き荒れる海沿いのリンクスでは、5ストロークの差は安全なリードではない。

 実際、14アンダーで首位スタートのブハイはスコアを4つ落とし混戦になった。

 渋野は、この混戦から脱落したわけだが、優勝のチャンスはあった。2番バーディーで通算10アンダー。3番、4番の連続ボギーでズルズル後退するかと思った。ところが、5番パー5は2オンに成功。5メートルのイーグルパットを沈め、再び10アンダーに戻す。

 9番終了時にはブハイと3打差。10番ボギーのインジとは1打差となり、優勝争いは、この3人に絞られた。

■14番・痛恨のダボ

 致命的だったのは14番のミスだ。ドライバーショットが左のポットバンカーにつかまり、第3打でピン右10メートルに乗せて3パット。今大会初のダブルボギーで8アンダーに後退する。ブハイが15番のトリプルボギーで10アンダーまでスコアを落とし、渋野が17番バーディーで1打取り戻しただけに14番の「ダブルボギー」が悔やまれる。

 それにしても、直近8試合で6度の予選落ち。不振が続いていた渋野が、メジャーで優勝争いする姿を誰が想像できただろうか。

 欧州シニアツアーに参戦経験がある並木俊明プロは、4日間渋野のプレーを見てこう語る。

「予選落ちが続いていた時はパットが悪かった。パットが入らないからショットでピンに寄せようと無理をしてミスが出る。今回はスコアを大きく伸ばした初日と3日目は28パット。初日は1番で5メートルの下りのスライスラインを決めてから勢いに乗り3連続バーディーを奪ったのが大きかった」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    広瀬すずや橋本環奈らがこぞって…ギャラも高くない舞台に人気女優が出演するメリット

    広瀬すずや橋本環奈らがこぞって…ギャラも高くない舞台に人気女優が出演するメリット

  2. 2
    元ロッテ村田兆治容疑者 羽田空港で暴行逮捕…引退後もあちこちで目立った傍若無人ぶり

    元ロッテ村田兆治容疑者 羽田空港で暴行逮捕…引退後もあちこちで目立った傍若無人ぶり

  3. 3
    爆笑問題・太田光はなぜ嫌われる? 「まるで独演会…」“MCとしての姿勢”に疑問の声

    爆笑問題・太田光はなぜ嫌われる? 「まるで独演会…」“MCとしての姿勢”に疑問の声

  4. 4
    赤ん坊が失明を免れた!SNSの投稿動画で異常に気づいた英検眼医の慧眼

    赤ん坊が失明を免れた!SNSの投稿動画で異常に気づいた英検眼医の慧眼

  5. 5
    安倍氏国葬“4割欠席”の大誤算…「何のため?」の声さらに高まり内閣支持率“奈落の底”へ

    安倍氏国葬“4割欠席”の大誤算…「何のため?」の声さらに高まり内閣支持率“奈落の底”へ

  1. 6
    あるぞ大谷翔平「40本塁打・100打点・100得点」の大台 カモ2チームとの対戦でフル回転

    あるぞ大谷翔平「40本塁打・100打点・100得点」の大台 カモ2チームとの対戦でフル回転

  2. 7
    秋ドラマはシリーズもの圧勝か? 若手俳優を起用し何を作ってもヒットしない惨状

    秋ドラマはシリーズもの圧勝か? 若手俳優を起用し何を作ってもヒットしない惨状

  3. 8
    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

  4. 9
    福山雅治9年ぶり「ガリレオ」シリーズ復活の裏の“打算”…映画「沈黙のパレード」公開中

    福山雅治9年ぶり「ガリレオ」シリーズ復活の裏の“打算”…映画「沈黙のパレード」公開中

  5. 10
    安倍元首相の政治資金「ズサンな使い道」の記録 デタラメ領収書は3年分で1000枚にも

    安倍元首相の政治資金「ズサンな使い道」の記録 デタラメ領収書は3年分で1000枚にも