山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

阪神・藤浪がいつのまにか失ったもの…もはや「甲子園のスター」ではなくなったのか

公開日: 更新日:

 阪神のクローザー・岩崎優が少し心配だ。7月31日のヤクルト戦九回に村上宗隆に同点ホームランを浴びたのに続いて、6日の広島戦最終回でも3点リードを守れず、4失点(自責点0だが)で逆転サヨナラ負けを喫してしまった。近いところで2度のセーブ失敗。もともと登板が続くと打たれがちなところがあった。今が疲労のピークかもしれない。

 しかし、たまらないのは6日の広島戦で先発した藤浪晋太郎だ。4月以来の先発で7回途中2失点にまとめ、味方打線の援護も5点もらって、3点リードのまま九回に岩崎が登板するという最高のシナリオだったのだから、その岩崎が打たれるなんて藤浪にとってもダメージが大きかったことだろう。1年4カ月ぶりの先発勝利がまさかの消滅。ヒーローインタビューのコメントを考えていたかもしれないのに。

 しかも、このパターンは今季2度目である。思い出すのはヤクルトとの悪夢の開幕戦。先発の藤浪は7回3失点で、味方打線も大量8得点。しかし、その5点リードもリリーフ陣が守れず、藤浪の白星は泡と消えた。

 さらに思い出すのは昨年の開幕戦。同じヤクルト相手に先発した藤浪は5回2失点で勝利投手の権利を得たのだが、そのときもリリーフ陣が同点打を浴びてしまった。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    再注目の2世タレントSUMIREのハンパない存在感! 父は浅野忠信、母はCHARA

    再注目の2世タレントSUMIREのハンパない存在感! 父は浅野忠信、母はCHARA

  2. 2
    18歳のロシア人女性がインスタ使用で初の逮捕者に…「過激派」扱いで実刑6年の可能性

    18歳のロシア人女性がインスタ使用で初の逮捕者に…「過激派」扱いで実刑6年の可能性

  3. 3
    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

  4. 4
    花巻東・佐々木麟太郎「高校通算90号」達成も…スカウトが投手と三塁守備を見たがるワケ

    花巻東・佐々木麟太郎「高校通算90号」達成も…スカウトが投手と三塁守備を見たがるワケ

  5. 5
    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

  1. 6
    巨人・坂本勇人“けつあな確定”トレンド入りに…AV男優しみけんが「すごく悔しい」と激白

    巨人・坂本勇人“けつあな確定”トレンド入りに…AV男優しみけんが「すごく悔しい」と激白

  2. 7
    安倍氏「国葬」武道館はガラガラ危機! G7首脳参列ゼロ、“大票田”の各界代表がソッポ

    安倍氏「国葬」武道館はガラガラ危機! G7首脳参列ゼロ、“大票田”の各界代表がソッポ

  3. 8
    安倍晋三は政治家一家に生まれた平凡な人 空虚な器にジャンクな右派思想を注ぎ込まれた

    安倍晋三は政治家一家に生まれた平凡な人 空虚な器にジャンクな右派思想を注ぎ込まれた

  4. 9
    はあちゅうとの事実婚解消を発表 カリスマAV男優しみけんを直撃!【独占取材】

    はあちゅうとの事実婚解消を発表 カリスマAV男優しみけんを直撃!【独占取材】

  5. 10
    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声

    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声